男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室

行政書士 明和事務所          Tel  03-3739-0228
〒144-0045
東京都大田区南六郷2-36-6-303
Mail info@meiwa-office.com
全国対応

営業時間


月~土10:00~20:00
(ご予約頂いた場合は
 休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談、ご予約は
24h年中無休で受け付けております。

お問い合わせへ

お役立ちコンテンツ


男の話し合い離婚・家庭問題Q&A集 弊所にご相談頂いた方々の声 離婚・家庭問題お役立ちアイテム
マスコミ・雑誌等掲載情報 非弁行為と弁護士法72条について


 メール相談24時間受付中

 お電話・面談でのご相談は
 定額制です。

 追加費用を気にせず、
 落ち着いてご相談頂けます。

 まずはメール若しくは
 お電話でご予約下さい。

インフォメーション

HOME

代表者ご挨拶

事務所のご案内

弊所の特徴

ご依頼の基本的な流れ

報酬・費用一覧

お知らせ
男の話し合い離婚

男の離婚の基礎知識

男性側から見た離婚の要件

男の慰謝料問題

財産分与

婚姻費用について

養育費

離婚調停

男の親権問題

面接交渉・面会交流権

妻の暴力・逆DV

偽DV問題

モラルハラスメント

妻が妊娠中の離婚について

若年離婚とは

早期の離婚特有の問題点

男の再婚問題

男の家庭問題

現代家庭の様相と問題点

仕事と家庭の両立法

家庭への男女の思い違い

子育て・教育について

親族との付き合い

壊れにくい家庭の作り方

これからの家庭の姿・形

ご相談・代書業務

離婚・家庭問題カウンセリング

告発・サイト掲載依頼

離婚協議書・離婚公正証書

手紙・郵便物の代書

DV誓約書・謝罪文

別居合意書


顧問契約

お問い合わせ

男の悩み相談、承ります

離婚・家庭問題はお任せください

男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室
行政書士 明和事務所
代表 行政書士 吉 田 重 信

Tel  03-3739-0228
Mail info@meiwa-office.com

プロフィール

お問い合わせへ

事務所について

弁護士法72条について

特商法に基づく表記

個人情報保護方針

免責事項

リンク集

 男性のための別居合意書



別居の合意は書面化すべし


  合意の上で別居するというのは、大抵、お互いに何かしらの原因があってのことだろう。

  しかし、当初は互いに納得の上であったとしても、
  それがその後も続くとは限らない。


  その後、万が一、離婚等の話に発展した際、
  「暴力を振るわれていた」「出て行けと言われた」と因縁を吹っかけられることがある。


  本人とは一応話くらいはできる状態であったとしても、安心は禁物だ。

  別居後に友人や親族等から「そんな男とは別れるべきだ」等のよくわからんアドバイスを受けて、
  いきなり態度を急変させるようなケースもある。


  特に女の場合、男に対しては「あの時普通にしていたけど、実は我慢していた」、
  「今までもずっと辛かった」等、あの時、実はこうでしたといったような、
  後出しジャンケン的な因縁を非常に吹っかけやすい。


  手元に何も残っていない状態でこれを言われてしまうと、男は大変だ。


  法律の原則論はともかくとしても、
  対外的には「そんなことはしていない」といった悪魔の証明をしなければならなくなる。


  だから、当人同士で納得しているから、と安心するのは早い。


  離婚、別居ってのは、時に当事者以外の思惑が絡む問題でもあるんだ。


  それを承知の上で、対策を練っておかなければならない。




因縁


 ・出て行けと言われた

 ・暴力を振るうから逃げただけ

 ・追いかけてこないのは追い出した
  のと同じだ

 ・慰謝料払え

 ・生活費払え

 ・子どもに会わせないぞ



自分で勝手に出て行ったのに・・・!





このような状況に陥らないようにするための予防線として




別居合意書

スポンサードリンク
   



別居はできうる限り回避せよ


  別居の合意書のコンテンツでこれを書くのもどうなのかと思ったけれど、
  大切なことだから、やはり言わせてもらいたい。


  別居はできうる限り回避しろ。


  冷却期間だとかなんだとか、色々と理由はあるのだろうけれど、
  結局のところ、別居ってのは家庭崩壊の第一歩に過ぎない。


  生活は条件契約などではなく、日常なんだ。

  日頃、生きていく上で当たり前の環境なんだよ。


  そこから外れるということは、互いにとって相手がいないことが日常で、
  いることが非日常になってしまう。


  そこから改めて共同生活に戻すのは、かなりの負荷だ。

  言ってしまえば、現実味が、ない。


  生活の袂を分かつということは、
  「家族」というものに対してそのくらい大きな影響を与える。

  なんでこんな話をわざわざするのかというと、そもそも別居状態にさえしなければ、
  なんだかんだでうまく続いたんじゃないか、と思うようなケースが非常に多いからだ。


  もちろん、別居の動機が冷却期間のみであるとは限らないことは分かっている。

  初めから離婚前提で考えている状況なのであれば、
  こんな話は聞いても仕方がないだろう。

  しかし、あくまで今後も婚姻を続けていくつもりなのであれば、
  安易に「別居」という選択に飛びつくのは間違いだということは覚えておいてもらいたい。




  ・・・別居をしていれば、いずれ相手が観念して謝る?



  バカ言っちゃいけない。



  そりゃあ、あなた自身の考えか?


  それとも、別の人間からのアドバイスか?



  いずれにしても、それは別居の現実を知らないから出てくる台詞だよ。



  「男の別居」という、現実を、な。




  別居を回避する上で良い知恵はないか、ウチはそういった相談でも引き受けている。


  だから、別居を検討している方はまず、
  自身の希望に「別居」という選択肢が本当に合っているのか、

  実際に別居に至る前にそこを良く考えてもらいたいと思う。



  別居は離婚の入り口だ。


  安易に別居を勧める者がいたら、注意しろ。



  あなたが離婚するつもりなのであれば、別居もアリだろう。


  僕の言っていることなんか、戯言だと思って聞き流せばいい。




  ただ、もし、まだ迷いがあるのだとしたら、別居は絶対に間違いだ。






別居合意書作成費用



 別居合意書 32.000円





たしかに別居は煮詰まった関係を仕切り直す手段の一つでもある。

しかし、それは家庭にとって不自然な状態であるということは、
どうか忘れないでもらいたい。

また、別居中は互いに色々な悪知恵や誘惑が入り易い状況でもある。

どうしても別居という選択が回避できないようならば、
先手を打たれないよう、警戒を怠らないことだ。




出版物紹介

㈱秀和システム様より本を出版してます



「プロが本音で書いた男のための離婚の本」


・詳細はこちら






 自分の悩みや今の境遇について、
 吉田重信からコメントをもらいたいという方は、
 ・報酬表をご確認の上、下記よりご予約、お問い合わせ下さい。


弊所にご相談頂いた方々の声

(20代 男性)


(30代 男性)


 ・他の方々の声も見る場合はこちらをクリック



~解決への第一歩です。まずはご相談を~

ご予約受付時間 10:00~20:00
03-3739-0228

(前もってご予約頂ければ休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談は24時間受付中




関連コンテンツ

・男の慰謝料問題

・手紙・郵便物の代書

・婚姻費用について

・養育費

・面接交渉・面会交流権





スポンサードリンク




HOME  離婚・家庭問題カウンセリング  告発・サイト掲載依頼  離婚協議書・離婚公正証書
手紙・郵便物の代書  DV誓約書・謝罪文  別居合意書  顧問契約

当ホームページ内の文章・画像の無断転載は厳禁です。
Copyright©2012-2017 行政書士明和事務所. All Rights Reserved.