離婚、家族の問題をすぐに相談したい ~離婚・家庭問題顧問契約~

顧問契約

 

題目

1.「気軽に聞ける継続相談」

2.「婚姻や交際のメンタルサポートとしても」

 

書いた人

離婚・家庭問題はお任せください

行政書士明和事務所

行政書士 吉田 重信

・プロフィール

・マスコミ・雑誌等取材歴

・お問い合わせへ

 

秀和システム様より、本を出版しております

「プロが本音で書いた男のための離婚の本」

・詳細はこちら

 

 

弊所のメール相談は1件につき2.000円で対応しているけれど、
短期間の内に集中して相談したいという方もいるだろう。

そういった方々のために、弊所では期間契約での定額相談も受け付けている。

 

契約期間中はメール及び電話での簡易的な相談は無制限で引き受けるから、
一定期間内で複数回の相談を希望するようであればスポット契約よりもこちらをお勧めする。

その方が無駄に費用がかさまずに済むからね。

 

面談での相談も顧問契約期間中は特別定額で対応しているから、
ご自身の都合に合わせてうまく使い分けてもらいたい。

 

いつでも気軽に連絡を取りたい、そういった方向けの安心プランだ。

 

 

 

弊所は離婚業務を扱ってはいるけれど、
何も離婚を推進することを業務としているわけじゃない。

今後、相手とうまくやっていくための継続相談も喜んで引き受ける。

元々、ウチの業務はケンカの代理を引き受ける類のものじゃないからね。

法務相談なんて堅苦しいものじゃなくて、
日頃の家庭内での悩みや愚痴とかを聞いてもらいたいような場合なんかでも、
この顧問契約をうまく使ってもらいたいと思う。

 

今のご時勢、結婚と同時に友人関係なんかもシャットダウンしてしまって、
いざ、何か不満や愚痴を言いたいときでも、気軽に話ができる相手がいない人が多い。

そういう外部の相談先としての活動も行っているから、
自分の考えに迷いがあるような場合にも遠慮せず声をかけてもらいたい。

 

元々、男女間には法律なんかじゃ答えを出し切れないような問題の方が多いんだ。

「こんなこと聞いていいのだろうか」といった質問に対しても、
ちゃんと僕なりの考えで答えを提示させてもらうから、いくらでも聞いてもらって構わない。

 

 

顧問契約が有効な場合

 

・現在進行形で問題を抱えており、今後も問題が継続しそうな場合

・問題解決後に相手からの報復等を恐れている場合

・短期間の間に集中して相談をしたい場合

・相談というほどではないが、家庭に対する心配事、愚痴、
パートナーへの不満や思い等を誰かに聞いてもらいたい場合

・一定期間の間、定額でサポートしてもらいたい場合

顧問契約費用

お電話での簡易的なご相談も含む安心プラン

顧問契約(1ヶ月間)メール、電話相談無制限

16.000円

 

顧問契約(3ヶ月間)メール、電話相談無制限

38.000円

顧問契約期間限定の面談相談オプション

面談によるご相談(1回分の定額制)

6.500円

誰も相談する相手がいない方、一人で不安を抱えている方は、
弊所が責任を持ってバックアップする。

法務相談と言われると敷居が高い、と思う方は、
あまり堅苦しく考えず、まずはメル友感覚で相談してもらってもかまわない。

なお、行政書士には守秘義務があるから、
相談してもらった内容を正当な理由なく外部に漏らす事はない。

ちょっと聞き辛いような内容であったとしても、
安心して相談してもらいたい。