男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室


行政書士 明和事務所          Tel  03-3739-0228
〒144-0045
東京都大田区南六郷2-36-6-303
Mail info@meiwa-office.com
全国対応

営業時間

月~土10:00~20:00
(ご予約頂いた場合は
 休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談、ご予約は
24h年中無休で受け付けております。

お問い合わせへ

お役立ちコンテンツ


男の話し合い離婚・家庭問題Q&A集 弊所にご相談頂いた方々の声 離婚・家庭問題お役立ちアイテム
マスコミ・雑誌等掲載情報 非弁行為と弁護士法72条について


 メール相談24時間受付中

 お電話・面談でのご相談は
 定額制です。

 追加費用を気にせず、
 落ち着いてご相談頂けます。

 まずはメール若しくは
 お電話でご予約下さい。

インフォメーション

HOME

代表者ご挨拶

事務所のご案内

弊所の特徴

ご依頼の基本的な流れ

報酬・費用一覧

お知らせ
男の話し合い離婚

男の離婚の基礎知識

男性側から見た離婚の要件

男の慰謝料問題

財産分与

婚姻費用について

養育費

離婚調停

男の親権問題

面接交渉・面会交流権

妻の暴力・逆DV

偽DV問題

モラルハラスメント

妻が妊娠中の離婚について

若年離婚とは

早期の離婚特有の問題点

男の再婚問題

男の家庭問題

現代家庭の様相と問題点

仕事と家庭の両立法

家庭への男女の思い違い

子育て・教育について

親族との付き合い

壊れにくい家庭の作り方

これからの家庭の姿・形

ご相談・代書業務

離婚・家庭問題カウンセリング

告発・サイト掲載依頼

離婚協議書・離婚公正証書

手紙・郵便物の代書

DV誓約書・謝罪文

別居合意書


顧問契約

お問い合わせ

男の悩み相談、承ります

離婚・家庭問題はお任せください

男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室
行政書士 明和事務所
代表 行政書士 吉 田 重 信

Tel  03-3739-0228
Mail info@meiwa-office.com

プロフィール

お問い合わせへ

事務所について

弁護士法72条について

特商法に基づく表記

個人情報保護方針

免責事項

リンク集

 男の慰謝料問題



払うべきものは潔く払え


  慰謝料は請求する場合だけを考えれば済む話じゃない。

  当然、相手から請求されるようなケースもあるだろう。


  ここで慰謝料請求の法的根拠がどうだの、という話を掘り下げてはしない。


  なぜかというと、男にとっての慰謝料問題は、
  法的に払う必要があるかないかで論じてはいけない問題だからだ。


  あくまで協議での離婚を目指すのであれば、
  そういった視点から慰謝料問題を考えていては、かえって問題をこじらすことになる。

  慰謝料の法的な性質に関しては民法上の不法行為に対する損害補填的な扱いで、
  原則として離婚の原因を作った側が支払うものだと理解しておけば十分だ。



 (不法行為による損害賠償)
  民法709条
  故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、
  これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

 (財産以外の損害の賠償)
  民法710条
  他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合、
  又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、
  前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、
  財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。



  慰謝料請求をされてしまった際、第一に考えるべきことが、
  自分が慰謝料を請求されるようなことをした自覚はあるのか、ということだ。


  あるのなら仕方がないな。




  悪いこと言わないから、払っておけ。




  仮に証拠の不備を突いたり、法律を振り回したりして、
  本来払うべきだった慰謝料を踏み倒すことができたとしよう。

  それで「ラッキー!」「得した!」なんて考えているようじゃ、
  はっきりいって話にならない。


  責任を踏み倒すということがどういったことを意味するのか、
  それに対する危機意識が低すぎる。


  何らかの手段を使って、本来取るべき責任から逃れた者は、
  その後、仮に時効を迎えて法律上では責任を問われることがなくなったとしても、
  その件の関係者からは今後、一生涯において非難され続けても文句は言えない。



  なぜなら、法的な義務と社会的な責任に対する一般的な感覚は、
  まったく別の問題だからだ。




  著名人等であれば世間に露出する機会も多いだろうから、
  別の視点から擁護する意見を言ってもらえるようなこともあるかもしれない。

  しかし、一般人には自分の行為をそこまで多様な価値観にさらす機会が、ない。



  断言する。

  一般人でこれらの負荷を負って、その後、まともな生活を営んでいくのは不可能だ。


  「うまくいった!」と喜んでいられるのは最初の内だけで、
  大抵、その後、会社をクビになったり、知らない土地に引っ越ししたりせざるを得なくなる。


  取るべき責任を強引に踏み倒した人間は、
  僕が知っている限りでは皆、そのような落ち武者みたいな生活をしている。



  対外的に非難されるだけだったら、まだいい。

  時には子からそういった浅ましい対応を非難されたり、
  身内からまで軽蔑した目で見られ続けるような場合だってある。


  まぁ、これは男だけの話じゃない。

  女が・偽DVなどという卑怯なやり口で責任から逃げるようなことをした場合は特に、だな。


  表向きは勝ったとしても、その後、家庭内は崩壊の一歩を辿ることもしばしばだ。



  これは別に「お天道様が見ている」とか、そういうオカルトチックな話じゃない。


  そのくらい、人の話には戸が立てられないし、
  責任の取り方に対する世間の考えは厳しいんだ。



  だから、取るべき責任は自分から積極的に取りにいけ。


  真摯に対応して、後から文句を言わせないようにしておくんだ。



  責任の自覚がないのに請求をされた場合については、
  事例によって少々対応を検討する必要がある。

  なぜかというと、男の離婚の場合、
  本来であれば払う必要のない金を敢えて払う、といった対応が有効なケースもあるからだ。

  法律上で払う必要がないから払わない、といった態度だと、
  かえって事案をこじらせることになる場合もある。


  法律の規定に捉われない柔軟な発想や対応も必要ということだ。


  結局のところ、男の離婚における金の話は法律上の責任の話じゃない、
  男という社会的な立場上の責任の話なんだよ。



  うまく協議を纏められる人は、大抵、そこをしっかりと抑えている。

  話が纏まらない人はまず、
  そこについての考え方を変えてみてはどうだろう。


  慰謝料は離婚手続を手早く進めるための道具の一つ、
  そう割り切って考えてしまった方が、かえってすんなりと話が進んだりするものだ。



スポンサードリンク
   



慰謝料の使い道は請求だけじゃない


  慰謝料は請求するのが必ずしも正しいとは限らない。


  相手が言い逃れできないレベルの証拠が残っていて、
  どうしても許せないような事情がある場合は、まぁ、仕方がないだろう。

  そういった事例での請求についてまで否定するつもりはない。


  ただ、男の場合、そこまで単純な構図では済まないこともある。


  相手が開き直っている場合もあれば、証拠が乏しいような場合もあるだろう。

  まぁ、ここまでなら、よくある話だ。


  ただ、ケースによっては相手が・偽のDV被害なんかを持ち出して、
  逆に慰謝料を請求されてしまうような場合だってある。


  だから、自分が請求できる立場だからといって、
  安易に請求に走ったりするのは早計だ。


  そこにそれだけを賭ける価値があるのか、請求をする前によく考えた方が良い。



  それともう一つ、注意しておかなければならない問題がある。


  それは慰謝料請求をしたことによって、
  かえって相手に舐められたり、安心を与えてしまうことにもなりかねない
、ということだ。



  慰謝料は所詮、金による責任の追及にすぎない。


  数字だよ。


  数字で割り切れるものであって、請求し終わったらそれでおしまいだ。


  相手が難なく支払えるような金額しか取れなかった場合、
  「怒って行動に出たところでこの程度w」と、かえってバカにされることだってある。

  また、請求が終わった以上、それらの問題についての決着はそれで仕舞いだから、
  逆説的に捉えれば相手に「これ以上の追求はない」と確約してしまっているのと同じだ。



  これらの問題に対してどう対処すべきか。


  それだったら、初めから請求なんかしなければ良い。



  慰謝料は請求するだけが使い道じゃない。


  請求しようと思えばいつでもできるという態度だけ見せて、
  他の情報なんか一切、与えなければ良い。


  そうすれば、「いつ請求されるかわからない」といったプレッシャーを、
  半永久的に相手に与え続けることができる。



  人間が最も恐怖を感じるのは、未知だ。


  そうした方が、今後の相手との関係性で風上に立ちやすい。



  たしかに、慰謝料請求権には時効がある。

  法的な責任追及の観点から見たら、半永久的に、とまではいかないだろう。



  しかしね、そんなのは関係ないんだ。


  例えば、相手が会社を経営していたり、要職についていたりしていて、
  体裁を気にしなければならないような立場であったとしよう。


  相手がこういったタイプの人間であった場合、
  人に慰謝料を請求されるようなことをしたという、その事実自体が問題なんだ。


  そして、この事実は時効なんかで消えやしない。



  一生、残る。





  「いつ問題が噴出してしまうのか」


  そう考えてしまったら、もう、夜も眠れないだろう。



  人間なんて、そんなもんだよ。




  ・・・女でそんな要職にいるような人間は少ないだろうって?


  たしかに、そうだ。


  しかし、女は男と比べて体裁の事情が違う。



  女は社会で根を張る生き物じゃない。


  寿退社等、きっかけさえあれば社会から身を引くのを見ればわかるだろう。


  それゆえ、周りからどう思われようが、
  自分なりの正当な理屈をつけることさえできればそれで良いと考える。


  ただし、社会的に悪者になることだけは承知できないんだ。



  ちょっとニュアンスの違いがわかりにくいか。


  要は一コミュニティ内での評価と、社会全体での評価に対する感じ方の違いだよ。



  そういった面では、ある意味、女ほど体裁を気にする生き物もいやしない。





  ポーズは見せる。

  しかし、慰謝料は請求しない、あるいは敢えて受け取らない。


  あくまでも相手にプレッシャーを与え続けるのが目的なのであれば、
  そういった手段もある、ということは覚えておくと良い。


  内容証明や訴訟等でバカ正直に請求したりなんかするよりも、
  よっぽど根深いダメージを与えられる。



  自分に対して理不尽な攻撃を加えてくる悪党がいたら、
  そいつを自分個人にとっての悪党から、社会的な悪党にまで昇格するようにしたら良い。


  ここで大事なのはどんな目にあったかよりも、
  相手の方から不条理な攻撃を加えてきたという事実だよ。




  そして、その攻撃の基となっている事情が、
  なにかの権威や大きな肩書き、立場等を背景としたものであれば、尚、良し、だ。



  別に攻撃を加えてきた張本人が「それ」である必要なんてない。


  あくまで基となっている事情が、「それ」と関連付いてさえいれば良いんだよ。




  必要なら攻撃に対して少々、オーバーリアクションをしたりするのも良いだろう。



  「スジを通しているのに、一方的に傷つけられた」


  その事実を大衆に分かり易いメルクマークとして残すことさえできれば、十分だ。


  後は自分が直接叩かずとも、世間が叩く。



  そして、その矛先が向くのは、何も攻撃を加えてきた張本人だけとは限らない。


  その人物の身近にいる者から、直接は無関係だが攻撃によって間接的に利益を得た者まで、
  要は大衆が牽連性を認識できるような関係にある人間全てに飛び火する。





  請求したら、訴えたら、それで仕舞いだぞ。



  うまく使えば、今後、一生涯に渡って相手の風上に立てるネタを提供してもらったんだ。


  それが今後の相手との関係で、
  自分にどれだけの優位性をもたらすきっかけとなりうるか、考えたことはあるかい?



  もったいないじゃないか。





  そもそも、慰謝料請求をするのは金が欲しいからなのか?


  それなら、こんな話は聞いても仕方がないだろう。

  今すぐ回れ右をして、弁護士のところにでも行った方が良い。


  しかし、そうでないというのであれば、
  実際に金銭を請求することにこだわる理由はないはずだ。



  要は慰謝料を請求するってのは、「表向きの勝利」にこだわる人の手段なんだよ。



  外向けの勝利宣言なんて、そんなに重要か?



  僕はそうは思わないな。



  ヒステリックなピエロ役なんてのは、女が演じてこそ意味があるんだ。


  裏で相手のキンタマさえ掴めているのであれば、それで十分じゃないか。



  まぁ、女にタマはないがね。





  あと、最後にもう一つだけ付け加えさせてもらう。


  他人との関係では、あまりはっきりと勝ち負けをつけることにこだわらない方が良い。



  元々、離婚話が出ているくらいだ。

  完全にお互いのことを考え、円満に話を進めていくことは難しい。

  うまく纏まったとしても、良くてケンカ別れの形だろう。


  しかし、表立ってタマの取り合いまでした末での別れ方は、
  僕は断じて推奨しない。


  勝ち負けをつけて、その場で気が済んだとしても、
  後で過去の己の行動や思考の是非について振り返ることが必ずある。

  2~300万くらいの金のために、
  人との間で一生モノの「しこり」を残したことはかえって高くつくこともあるんだ。


  ・・・まぁ、これは請求する側だけの話ではないな。

  払うべき慰謝料を踏み倒した側についても大いに言える事だ。



  必ず、後悔する時が来る。



  僕は自分の知見の及ばないことについては決して語らない。

  どうか、綺麗事と思わず、真剣に聞いてもらいたい。



  もちろん、例外だってある。

  もはや個人の慰謝料なんてレベルじゃなく、
  他の人間の利益も巻き込んだ損害賠償事案にまで発展しているようなケースだ。


  実際のところ、男の離婚相談は自営業を営んでいる人からの相談も多い。

  そういったケースの場合、相手に経理や顧客管理等の重要ポジションを任せていることも多く、
  相手がとった軽率な行動によってかなりの額の損害が出てしまうような場合もある。

  このような場合はそんな悠長なことも言っていられないだろう。


  自分だけならまだしも、
  従業員も食わせていかなければならない立場であるのなら、なおさらだ。

  こういった場合は裁判まで視野に入れてトコトンやるのも悪くない。



  いずれにせよ、慰謝料問題は請求する、しないの段階から、
  ライフプランニングも含めたかなりシビアな検討が必要な問題だ。


  妙な話だけれど、慰謝料請求はタダではできないからね。


  今一時の感情だけでなく、
  将来的な面も含めてどうすべきかよく考えた方が良い。




  慰謝料問題のワンポイント

  復讐感情等で相場を大きく超えた金額の慰謝料を請求しても、
  相手に支払うことができなければ意味がない。

  かえって問題が長期化することになる。


  相手からの要求がハードすぎて困っているというのであれば、
  少々、工夫が必要だろう。

  元々、請求される筋合いがあるのであれば、
  反論なんかでは収まりがつくはずないからだ。

  相手をより意固地にさせてしまうことになりかねない。


  慰謝料請求はいわば責任の追求だから、
  どうしたって心情という問題が絡む。

  こういった場合は話し合い方や立ち回りの方が重要だ。


  人の感情は、法律なんかでは変えられない。


  





関連コンテンツ

・婚姻費用について

・財産分与

・養育費

・手紙・郵便物の代書

・離婚協議書

関連Q&A

Q4.相手が慰謝料を支払ってくれません。





出版物紹介

㈱秀和システム様より本を出版してます



「プロが本音で書いた男のための離婚の本」


・詳細はこちら






 自分の悩みや今の境遇について、
 吉田重信からコメントをもらいたいという方は、
 ・報酬表をご確認の上、下記よりご予約、お問い合わせ下さい。


弊所にご相談頂いた方々の声

(20代 男性)


(30代 男性)


 ・他の方々の声も見る場合はこちらをクリック



~解決への第一歩です。まずはご相談を~

ご予約受付時間 10:00~20:00
03-3739-0228

(前もってご予約頂ければ休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談は24時間受付中



スポンサードリンク




HOME  離婚・家庭問題カウンセリング  告発・サイト掲載依頼  離婚協議書・離婚公正証書
手紙・郵便物の代書  DV誓約書・謝罪文  別居合意書  顧問契約

当ホームページ内の文章・画像の無断転載は厳禁です。
Copyright©2012-2017 行政書士明和事務所. All Rights Reserved.