男の慰謝料問題 妻に慰謝料は払うべきか

妻に慰謝料は払うべきか

 

「男の慰謝料問題」題目

1.「妻に慰謝料は払うべきか」

2.「本気で相手を許せないのなら慰謝料請求などするな」

 

書いた人

離婚・家庭問題はお任せください

行政書士明和事務所

行政書士 吉田 重信

・プロフィール

・マスコミ・雑誌等取材歴

・お問い合わせへ

 

秀和システム様より、本を出版しております

「プロが本音で書いた男のための離婚の本」

・詳細はこちら

 

 

慰謝料は請求する場合だけを考えれば済む話じゃない。

当然、相手から請求されるようなケースもあるだろう。

 

ここで慰謝料請求の法的根拠がどうだの、という話を掘り下げてはしない。

 

なぜかというと、男にとっての慰謝料問題は、
法的に払う必要があるかないかで論じてはいけない問題だからだ。

 

あくまで協議での離婚を目指すのであれば、
そういった視点から慰謝料問題を考えていては、かえって問題をこじらすことになる。

慰謝料の法的な性質に関しては民法上の不法行為に対する損害補填的な扱いで、
原則として離婚の原因を作った側が支払うものだと理解しておけば十分だ。

 

 

 

 

慰謝料請求をされてしまった際、第一に考えるべきことが、
自分が慰謝料を請求されるようなことをした自覚はあるのか、ということだ。

 

あるのなら仕方がないな。

 

 

 

悪いこと言わないから、払っておけ。

 

 

 

仮に証拠の不備を突いたり、法律を振り回したりして、
本来払うべきだった慰謝料を踏み倒すことができたとしよう。

それで「ラッキー!」「得した!」なんて考えているようじゃ、
はっきりいって話にならない。

 

責任を踏み倒すということがどういったことを意味するのか、
それに対する危機意識が低すぎる。

 

何らかの手段を使って、本来取るべき責任から逃れた者は、
その後、仮に時効を迎えて法律上では責任を問われることがなくなったとしても、
その件の関係者からは今後、一生涯において非難され続けても文句は言えない。

 

 

なぜなら、法的な義務と社会的な責任に対する一般的な感覚は、
まったく別の問題だからだ。

 

 

著名人等であれば世間に露出する機会も多いだろうから、
別の視点から擁護する意見を言ってもらえるようなこともあるかもしれない。

しかし、一般人には自分の行為をそこまで多様な価値観にさらす機会が、ない。

 

 

断言する。

一般人でこれらの負荷を負って、その後、まともな生活を営んでいくのは不可能だ。

 

「うまくいった!」と喜んでいられるのは最初の内だけで、
大抵、その後、会社をクビになったり、知らない土地に引っ越ししたりせざるを得なくなる。

 

取るべき責任を強引に踏み倒した人間は、
僕が知っている限りでは皆、そのような落ち武者みたいな生活をしている。

 

 

対外的に非難されるだけだったら、まだいい。

時には子からそういった浅ましい対応を非難されたり、
身内からまで軽蔑した目で見られ続けるような場合だってある。

 

まぁ、これは男だけの話じゃない。

女が・偽DVなどという卑怯なやり口で責任から逃げるようなことをした場合は特に、だな。

 

表向きは勝ったとしても、その後、家庭内は崩壊の一歩を辿ることもしばしばだ。

 

 

これは別に「お天道様が見ている」とか、そういうオカルトチックな話じゃない。

 

そのくらい、人の話には戸が立てられないし、
責任の取り方に対する世間の考えは厳しいんだ。

 

だから、取るべき責任は自分から積極的に取りにいけ。

 

真摯に対応して、後から文句を言わせないようにしておくんだ。

 

 

責任の自覚がないのに請求をされた場合については、
事例によって少々対応を検討する必要がある。

なぜかというと、男の離婚の場合、
本来であれば払う必要のない金を敢えて払う、といった対応が有効なケースもあるからだ。

法律上で払う必要がないから払わない、といった態度だと、
かえって事案をこじらせることになる場合もある。

 

法律の規定に捉われない柔軟な発想や対応も必要ということだ。

 

結局のところ、男の離婚における金の話は法律上の責任の話じゃない、
男という社会的な立場上の責任の話なんだよ。

 

 

うまく協議を纏められる人は、大抵、そこをしっかりと抑えている。

話が纏まらない人はまず、
そこについての考え方を変えてみてはどうだろう。

 

慰謝料は離婚手続を手早く進めるための道具の一つ、
そう割り切って考えてしまった方が、かえってすんなりと話が進んだりするものだ。

 

 

 続き「本気で相手を許せないのなら慰謝料請求などするな」

 

 

関連Q&A

 

 前項目「男性側から見た離婚の要件」に戻る

次項目「財産分与」に進む