男の尊厳、プライドなど無理に取り戻そうとしなくて良い

男の尊厳、プライドなど無理に取り戻そうとしなくて良い

 

「これからの家庭の姿・形」題目

1.「男の尊厳、プライドなど無理に取り戻そうとしなくて良い」

2.「土台もなく起業や不労所得で家族を養おうとする奴はバカ」

3.「家庭に「正しい常識」など存在しない」

 

書いた人

離婚・家庭問題はお任せください

行政書士明和事務所

行政書士 吉田 重信

・プロフィール

・マスコミ・雑誌等取材歴

・お問い合わせへ

 

秀和システム様より、本を出版しております

「プロが本音で書いた男のための離婚の本」

・詳細はこちら

 

 

時代は変わった。

 

いや、人の考えが変わってきたと言うべきか。

 

かつての男女関係では、強くて先導力のあるような男が理想とされていた。

しかし現在、そういう「これ見よがしな強さ」を持ったタイプの男は、
女、そして社会からはあまり歓迎されていないな。

 

背景的な理由については非常に細かな事象の絡む問題で、
この場で全てを説明しきることはできない。

 

 

まぁ、身もフタもなく言ってしまうと、
自分が主導権を握っていたいと思う女性がそれだけ増えたということだよ。

 

 

現代の女性達は、自分主導で物事を進めることを覚えた。

 

これは雇用等の世の中の情勢がそれに合った形で変化したこともあるが、
そういった女性の生き方を許容する考えが社会に浸透してきたという部分も大きいだろう。

 

 

これに対して声高に異論を挟み込んだり、腹を立てたりすることは容易い。

 

 

しかし、それでは我のぶつけ合い、戦争になる。

 

 

このサイトが女性に勝つことを目的としているのならばそれでも良いが、
・弊所の特徴でも言った通り、男が女との関係で本当に学ぶべきなのは、そこじゃない。

 

どうしてもケンカがしたいというのであればいちいち止めはしないけれど、
経験上、その先には何もないということだけは伝えておく。

 

勝ったとしても、だ。

 

 

 

 

では、どうするべきか。

 

 

女が自分主導でいたいというのであれば、そうさせてやったらいい。

 

元を正すのであれば、そもそもそのような相手を選ぶなと言いたいが、
ここを読んでいる人達はすでに結婚をしている人達だろうから、それは言わないでおこう。

 

主導性に魅力を感じているような人間に対して、己の主義をぶつけようとしてはいけない。

 

相手が従わないとか、男としての価値を認めないとか、
そういったことに腹を立てて直すよう主張したりするのは逆効果だということだよ。

 

 

無論、男としてのプライドや理想に傷がつくようなことも多々あるだろう。

 

 

でも、そういうのは今の時代、内側に、魂に留めておくべきものなんだ。

 

 

男のプライドとか、理想論とか、そういうのはネット上とかで言うのはいいが、
今現在の社会情勢でそれを表にさらけ出してしまっては、かえって浮いてしまう。

 

それをやって認められるためには、
そういった行為も纏めて魅力にできてしまうような強烈な腕力が必要になる。

 

これは一般の人達では、そうそう持ち得ないレベルのものだよ。

 

 

もちろん、だからといって、それらを持つなとは言わない。

 

むしろこんな時代からこそ、そういった気高く生きる動機となりうるものは、
最後の最後まで手放すことのないよう、己の中でしっかりと囲っておくべきだ。

 

体裁は譲り渡したとしても、魂まで売る必要はない。

 

 

ただ、それをこれ見よがしに晒して評価される時代は、もう終わっている。

 

 

 

 

男も賢く生きなければならない世情になったんだ。

 

 

 

 

男性主権の復活?

 

尊厳を取り戻す?

 

 

 

 

バカか。

 

 

 

 

そんなことを言っているから、訴訟沙汰になるんだよ。

 

 

 続き「土台もなく起業や不労所得で家族を養おうとする奴はバカ」

 

 前項目「壊れにくい家庭の作り方」に戻る