家族の作り方に「正解」などない

家族の作り方に「正解」などない

 

「これからの家庭の姿・形」題目

1.「男の尊厳、プライドなど無理に取り戻そうとしなくて良い」

2.「土台もなく起業や不労所得で家族を養おうとする奴はバカ」

3.「家庭に「正しい常識」など存在しない」

 

書いた人

離婚・家庭問題はお任せください

行政書士明和事務所

行政書士 吉田 重信

・プロフィール

・マスコミ・雑誌等取材歴

・お問い合わせへ

 

秀和システム様より、本を出版しております

「プロが本音で書いた男のための離婚の本」

・詳細はこちら

 

 

正しい家庭の形がなんたるかは、
その家庭にいる家族が共に作り上げていくものだ。

 

周りの意見やメディアの情報等は、あくまで一般論として仕入れておく分には有用だろう。

 

 

しかし、それを安易に自分の家庭の主軸にしようとしてはいけない。

 

皆、同じ人格、同じ環境で生活をしているわけではないからな。

 

合わないケースの方が多いんだ。

 

 

例えばイクメンだの、低燃費夫だの、
ここ最近ではメディア等の煽りもあって、そういった造語の押し付けによるトラブルも少なくない。

 

元々、あの手のことが実践可能かどうかは、その人が育ってきた環境によって決まる。

 

あくまで私見だがね。

 

それゆえ、「TVでやっていた」、「みんなそうやっている」と、
いきなりその他人が作り上げた価値観を家庭内に持ち込んだりするのは無茶なんだ。

 

 

大体、メディアが提示している家庭の姿なんか虚像だよ。

 

見せたい形でしか見せていない。

 

 

これは・メディアから取材を受けてきた立場だからこそ、分かることでもある。

 

全てが作りものだなんて言うつもりはないが、
完全なリアルドキュメント方式にしていては企画、番組として成立しない。

 

BPOや表現規制との兼ね合いもあって、どうしてもキレイな情報に偏りがちだ。

 

 

そんな無菌化されたものをそのままリアルの家庭なんかに持ち込んだりしたら、
かえって互いにギクシャクしてしまうのは当たり前だろう。

 

生活ってのは、本来、もっと不衛生で不道徳なものなんだ。

 

 

例えば「食」一つをとっても、そうだ。

 

僕等は日頃から動物を潰し、その肉を喰らって生きている。

 

そういった常識自体は皆、頭の中で知ってはいるが、
日頃、浄化された情報しか見ていないから感覚が薄れてしまっているんだよ。

 

 

別に動物の解体シーンを見ろ、とか言っているわけじゃない。

 

ただ、人為的に負荷が省かれた情報しか見ていないってのは、
社会常識という感覚を築く土壌としては非常に不健全な状態でもあるんだ。

 

現にスーパーで売っている魚の切り身が、
そのまま海を泳いでいると思っているような子もいたりするからね。

 

 

それと同じ事。

 

最近、結婚生活や子育てなんかに対して、
潔癖すぎるイメージを持っているような人が多いと思わないか。

 

 

 

 

だから誤解を恐れずに極端な言い方をするが、
基本的にメディアの情報や人の意見全般は「リアルではない」くらいに思っていた方が良い。

 

 

 

 

リアルは語れないんだよ。

 

 

 

 

みんな、 体裁のある大人 だからね。

 

 

 

 

自分の経験に基づいて真剣に情報提供をしてくれるような人もいるだろうが、
悪気はなかろうとも、多少の脚色やカットは入る。

 

それに、あくまでもそれはその人の家庭の場合での情報だ。

 

それを承知の上で耳を傾けるようにしないといけない。

 

 

 

要は、情報は仕入れても客観的なものと割り切って、
最終的な判断は自分達でするようにした方が良いということだよ。

 

だから、そういった考えでいるだけでなく、
そういった考えでいられる環境を作る努力をすることも必要になってくるだろう。

 

 

 

何が常識で、何が非常識かは自分達で決めるんだ。

 

 

それができて、初めて「自分の家庭」という敷居ができてくる。

 

 

逆にそれがない内は形式上で結婚、家庭持ちとなっていたとしても、
まだ共同生活の範疇から抜け切れていないということになるな。

 

 

 

 

少なくとも、僕は本音で語っているつもりだよ。

 

 

 

 

ガキだからね。

 

 

 

 

・今後の家庭問題のワンポイント

上記では常識、非常識は自分達で決めるべきと書いたが、
これはあくまで自分達の家庭内では、という話だ。

 

どんなに当人同士が納得していても、その生き方を許容できない人もいる。

親族や近所等の身近な他人とか、ね。

 

こういった場合についてまで、「自分達は納得しているから」と、
対外的にも強引に我を通してしまうのはNGだ。

「敷居」は自分達の価値観を守るものであって、
世間の価値観を押しのけ、侵食するためのものではないからな。

それを理解しなければ、自由な考えで渡世はできない。

 

家庭を築くことは、社会的な立場を作ることと同義なんだ。

 

 

 1.「男の尊厳、プライドなど無理に取り戻そうとしなくて良い」

 2.「土台もなく起業や不労所得で家族を養おうとする奴はバカ」

 

 前項目「壊れにくい家庭の作り方」に戻る

自分の悩みや今の境遇について吉田重信からコメントをもらいたいという方は、
・報酬表をご確認の上、下記よりご予約、お問い合わせ下さい。

(20代 男性)

(30代 男性)

ご予約受付時間(日曜・祝日除く)

10:00~20:00

03-3739-0228

(前もってご予約頂ければ休日、時間外でも対応致します)