男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室


行政書士 明和事務所          Tel  03-3739-0228
〒144-0045
東京都大田区南六郷2-36-6-303
Mail info@meiwa-office.com
全国対応

営業時間


月~土10:00~20:00
(ご予約頂いた場合は
 休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談、ご予約は
24h年中無休で受け付けております。

お問い合わせへ

お役立ちコンテンツ


男の話し合い離婚・家庭問題Q&A集 弊所にご相談頂いた方々の声 離婚・家庭問題お役立ちアイテム
マスコミ・雑誌等掲載情報 非弁行為と弁護士法72条について


 メール相談24時間受付中

 お電話・面談でのご相談は
 定額制です。

 追加費用を気にせず、
 落ち着いてご相談頂けます。

 まずはメール若しくは
 お電話でご予約下さい。

インフォメーション

HOME

代表者ご挨拶

事務所のご案内

弊所の特徴

ご依頼の基本的な流れ

報酬・費用一覧

お知らせ
男の話し合い離婚

男の離婚の基礎知識

男性側から見た離婚の要件

男の慰謝料問題

財産分与

婚姻費用について

養育費

離婚調停

男の親権問題

面接交渉・面会交流権

妻の暴力・逆DV

偽DV問題

モラルハラスメント

妻が妊娠中の離婚について

若年離婚とは

早期の離婚特有の問題点

男の再婚問題

男の家庭問題

現代家庭の様相と問題点

仕事と家庭の両立法

家庭への男女の思い違い

子育て・教育について

親族との付き合い

壊れにくい家庭の作り方

これからの家庭の姿・形

ご相談・代書業務

離婚・家庭問題カウンセリング

告発・サイト掲載依頼

離婚協議書・離婚公正証書

手紙・郵便物の代書

DV誓約書・謝罪文

別居合意書


顧問契約

お問い合わせ

男の悩み相談、承ります

離婚・家庭問題はお任せください

男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室
行政書士 明和事務所
代表 行政書士 吉 田 重 信

Tel  03-3739-0228
Mail info@meiwa-office.com

プロフィール

お問い合わせへ

事務所について

弁護士法72条について

特商法に基づく表記

個人情報保護方針

免責事項

リンク集

 現代家庭の様相と問題点



信念、哲学なき共同生活


  変わったな、と思う。


  いや、家庭、そして家族が、だよ。


  時代の変化という背景な事情もあるのだろうけれど、
  男と女の意識的な改革による影響もかなり大きいと思う。

  まぁ、それを変えたのも時代なのだけれど。



  雇用や生活環境も大分変わった。

  今では男が出稼ぎに行って、女は家を守る、といった、
  昔ながらの家庭のあり方もなかなか成立しにくくなってきているな。


  でも、こんなのは別に大した問題じゃない。


  最も家庭に影響を及ぼしたのは、コミュニケーションの変化だろう。



  ネットと携帯電話。


  この二つが家族のあり方を変えた。


  人とつながりやすくなったという意見もあるだろうけれど、
  むしろ、これの影響で人付き合いは昔に比べて、より閉鎖的、排他的になったと思う。


  理由はいちいち説明しなくとも、わかるだろう。


  ネットも、携帯も、一見、能動性があるように見えて、
  実は極めて受動的な媒体だからね。




  通信技術の発達は、人から思考力と主体性を奪ってしまった。


  ソーシャルな時代なんて言われているけれど、上っ面だけだな。

  ネット社会の一体、どこが社会的、社交的なのか。



  まぁ、利便性は認めるよ。

  情報が表に出易くなっていることについても、悪いことばかりだとは思わない。


  今、あなたが見ているこのサイトも、れっきとしたネット社会の産物だ。


  あくまでつながるきっかけとしてだけで見るのであれば、
  ネットの発達は社会の大きな進歩であったと思う。


  ただ、ネット上の関係はそれをきっかけにしてリアルでつながったりでもしない限りは、
  基本的に責任という緊張感が伴わない。


  情報を発信する側、受信する側、お互いに、ね。


  そしてさらに、ネット検索で上位に出てくるような情報は、
  アフィリエイト等の利益性の絡んだSeoの蔓延等の事情もあって、非常に平坦というか・・・


  身もフタもなく言うと、ただ「知るだけ」で役に立たない知識がほとんどなんだ。


  そんな中身の伴わない一般論が氾濫しているような場が、
  今、物事を調べたり、何かを決断するための一般ツールとして定着してしまっている。


  その影響もあってか、近年では家庭や婚姻に限った話ではなく、
  物事について、己の信念や哲学を持っているようなタイプが非常に少ない。


  「自分はこうだと思う」、「こうあるべきだ」というように、
  物事に対して自分で考え、自分なりの答えを持とうとする主体性がないんだ。

  そのくせ、一般論や他所からの受け売りであろう借り物の正論等、
  つまらない小手先の知識に関してはやたらと五月蝿い。


  そこには個人の哲学、信念なんてものは存在しない。


  みな、ネット上で得たツギハギの知識だ。


  だから、自分にとって都合のいい部分に関しては「それっぽいこと」が言えるけれど、
  具体的な実現方法や負荷について問うと、何も答えることができない。

  都合が悪い、見たくない情報については、
  中身を吟味する機会すら設ける必要なく、簡単にシャットアウトできてしまう。


  要は、自分が希望する情報しか見なくて良い環境で生活しているものだから、
  不利益な情報を真正面から受け止められるだけのストレス耐性が形成されないんだ。


  ある意味、現代のネット社会の様相は、
  インフォメーション・ヘイブン(情報回避地)とでも言うべきだろう。


  情報自体は溢れかえっているけれど、
  個人がアクセスする情報はその趣向に偏り、そして限られている。


  これは、それによる弊害とも言える事象だね。


  近年、ちょこちょこ話題に上がる「新型うつ」なんてのも、
  これが原因で起きているものなんじゃないかと個人的に考えている。




  ・・・・まずいな。


  なんか、単なるネットの危険性の話みたいになってきてしまった。


  全部書いていたら収拾がつかなくなりそうだから、
  申し訳ないけれど、問題背景の説明に関しては一旦、ここで切る。



  まぁ、平たく言うと、ステレオタイプな阿呆が増えたということだよ。


  男女共に、ね。



  それに伴い、家庭内で起こる問題にも変化が見られるようになってきたというわけだ。


  DV、モラハラ等の言葉の独り歩きや、吹けば飛ぶような借り物の倫理観なんか、
  その影響の最もたるものだと言っていい。



  また、発展、進化したコミュニケーションツールは通信技術だけじゃない。


  交通機関等の移動手段についても、だ。


  交通の便が良くなった影響で、家庭を持つ、家を出るといったことを、
  一つの「垣根」として捉えようとする考え方が、近年、弱くなってきたな、と感じる。


  簡単に言うと、親、子、共に子離れ、親離れができなくなってきているということだよ。


  それによって、家庭内の問題も当事者だけでなく、
  親族も交えた大きなトラブルに見舞われるようなケースが後を絶たない。


  一時期、学校施設等でヘリコプター・ペアレントなんていう言葉が流行ったけれど、
  これはその家庭版だと言ってもいい。


  親は常に家庭を監視し、子は何か問題があればいつでも親に泣きつける。


  そして、問題があればすぐに親族が急降下してきて、家庭内の問題に口出しをしたりする、
  これが今の家庭環境で大きな問題となっているんだ。


  基本的に僕は家庭を育んでいくにあたって、
  お互いの親族が気軽に出入りできるような環境は最悪の状態だと思っている。


  袂を割ったら、もう、そこは他所の家庭なんだよ。


  いくら親族とはいえ、超えてはならない一線はあるはずなのに、
  その線引きがうまくできていない家庭が増えてきているな。


  これらの問題は、正に世情という外面的事情が家庭に変化を促した事象だと言える。



  しかし、家庭とは内側の事情。

  本来、外面的な事情によって変化が促される類のものではない。



  ただ、ツールが極端なスピードで進化しまくってしまったから、
  現在、それに振り回されている状態なんだ。


  大事なのは家庭に対する己自身の信念と哲学、
  そして、それをパートナーや子と実現するためのコミュニケーション能力を持つことだよ。


  これはいつの時代であっても変わらない。


  今の時代、そういった主体となるものがない、もとい弱いから、
  こんな外面的な刺激なんかで家庭のあり方が右往左往したりするんだ。


  逆にそれさえ持っているのであれば、
  いかに時代や環境が変化したとしても、「自分の家庭」を作ることはできる。



  家庭は他人の方法論などで語るものではない。



  何が正しいことなのか、それを判断するのは自分自身ということだよ。


  それがない家庭は、ただのルール決めされた共同生活でしかないんだ。



  あなたは、家庭について語れる自分の言葉を持っているか。





       

           



スポンサードリンク
   



家庭の孤立化が生んだ閉塞感


  近年、人間関係の希薄化や核家族化の影響もあってか、
  家庭内の問題は当事者のみで解決しなければならないと思っている人も多いようだ。


  いや、どちらかと言うと、それしか選択肢がないゆえに、といった感じか。


  安易な不倫、離婚等の倫理観の欠如や、おかしな事件の影響もあいまって、
  家庭問題の解決をアウトサイドに頼るといった選択を持たない人が増えてきている。



  しかし、これはきつい。


  元々、別々の家庭環境で育った二人が共同で生活をするのだから、
  日頃の生活環境なんかに対して考え方に齟齬が出るのは当たり前なんだ。

  そういったお互いに理解しかねるようなことを、
  当事者同士だけで無理に咀嚼しようとしたりしてはいけない。


  かえって、より決定的なものに発展してしまう恐れがあるからだ。



  別に弁護士を雇えとか、専門家に相談しろとか言っているんじゃない。

  そういう「本当の第三者」を頼るのは最後の手段だよ。


  僕が言うことではないかもしれないけれど、
  そういった「他人の価値観」を安易な気持ちで家庭の中に引き入れてはいけない。



  そうじゃなくて、親族とか友人とか、いざ当人同士が話し辛くなってしまった時に、
  間を取り持ってくれるような味方を家庭の外にも持っておいた方が良いと言っているんだ。


  どちらかの味方じゃない。


  強いて言うなら、家庭の味方だよ。



  前述した通り、僕は家庭内に親族を含めた第三者を介入させることは基本的に反対だ。

  でも、それは各家庭のあり方等の根幹に関わる問題に対しての話で、
  こういった当事者同士での解決が難しいような問題では大いに他人は頼るべき存在だと思う。



  当事者のみで処理できる問題は案外、少ない。


  それは家庭内で起こる問題は外面的な要因だけでなく、
  当事者同士の内面的な事情によって起こるようなものでもあるからだ。




  これはとても大事なことだから、良く覚えておいてもらいたい。



  例えば、奥さんが高額な商品を買ってしまったり、
  悪質商法に騙されてしまったとしよう。


  今の時代、クーリングオフ等の法整備もされてきているし、
  仮にそれができなくとも所詮、これは金を払うかどうかに過ぎない話だ。


  契約という外面的問題を取り払うことについては、大した問題じゃないだろう。



  しかし、そうやって外側の処理をしただけで、本当に問題が解決したと言えるのか?



  そもそも、なぜ、そんなことをしようと思ったのか。

  それが最も大切なことだろう。



  単純に物が欲しかった、儲けようと思った、とは限らない。


  家庭内で皆が楽しく過ごせるように、とか、家計の足しにできるから、とか、
  そういった本人なりの前向きな考えがあって、やってしまうようなことだってあるんだ。



  ここまでで、半分。



  本当に大事なのはそこから先。



  相手はなぜ、そういった部分に問題意識を持っていたのか


  そこを掘り下げて理解しようとしないと、本当の解決にはつながらない。



  こういった場合、どうしたって非難や叱咤の方が先に出てきてしまう。

  恐怖を回避したことによる興奮状態であったり、申し訳ない気持ちが入り混じったりして、
  冷静にお互いの気持ちを正しく伝えられないようなことだってある。



  そんな時、お互いの考えや言い分を、
  本人の代わりに咀嚼して伝えてくれるような他人がいてもいいんじゃないか。


  無論、その人選は難しいと思う。


  家の中の事を人に委ねることにためらいのある人もいるだろう。





  唐突だが、ここで一つ、質問だ。



  家庭円満の秘訣は何だと思う。






  そう、思いやりだよ。


  簡単な言葉だけれど、ちゃんと理解をした上でこの言葉を使っている人は驚くほど少ない。





  何が言いたいのか、だって?



  相手を思いやる方法は、本人が直接、労わるだけとは限らないんだよ。




  「思いやり」という言葉の本質を理解していれば、わかるはずだ。





  もっと言うと、場や形を間違えた思いやりは時に互いを傷つける事だって、ある。





  ・・・これは少々、蛇足だったかな。



  でも、どうしても、知っておいてもらいたかったんだ。




  家庭問題のワンポイント


  家庭が揺らいでしまうのは信念がないからだよ。

  そして信念を持てないのは、自分が傷つくことを恐れているからだ。


  それ以上、ここで語ることはない。


  相談は引き受ける。


  





関連コンテンツ

・仕事と家庭の両立法

・家庭への男女の思い違い

・子育て・教育について

・親族との付き合い

・壊れにくい家庭の作り方

・これからの家庭の姿・形

・手紙・郵便物の代書





出版物紹介

㈱秀和システム様より本を出版してます



「プロが本音で書いた男のための離婚の本」


・詳細はこちら






 自分の悩みや今の境遇について、
 吉田重信からコメントをもらいたいという方は、
 ・報酬表をご確認の上、下記よりご予約、お問い合わせ下さい。


弊所にご相談頂いた方々の声

(20代 男性)


(30代 男性)


 ・他の方々の声も見る場合はこちらをクリック



~解決への第一歩です。まずはご相談を~

ご予約受付時間 10:00~20:00
03-3739-0228

(前もってご予約頂ければ休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談は24時間受付中



スポンサードリンク




HOME  離婚・家庭問題カウンセリング  告発・サイト掲載依頼  離婚協議書・離婚公正証書
手紙・郵便物の代書  DV誓約書・謝罪文  別居合意書  顧問契約

当ホームページ内の文章・画像の無断転載は厳禁です。
Copyright©2012-2017 行政書士明和事務所. All Rights Reserved.