男の離婚の基礎知識 男性にとって一番の離婚方法とは

男性にとって一番の離婚方法とは

 

「男の離婚の基礎知識」題目

1.「男性にとって一番の離婚方法とは」

2.「男の協議離婚は法律上の皮算用では纏まらない」

3.「離婚までの一般的な流れ」

 

書いた人

離婚・家庭問題はお任せください

行政書士明和事務所

行政書士 吉田 重信

・プロフィール

・マスコミ・雑誌等取材歴

・お問い合わせへ

 

秀和システム様より、本を出版しております

「プロが本音で書いた男のための離婚の本」

・詳細はこちら

 

 

離婚の形式とか種類とか、
今更そんなことをここでグダグダと話してもしょうがない。

大体、このサイトにたどり着くような人は、
すでに他のサイトでその程度の事は調べがついているはずでしょう。

 

だから結論だけ言う。

 

 

男は協議で離婚しろ。

 

まともな形で終わらせるには、それしかない。

 

 

すでに訴訟等に発展してしまっている人には何の役にも立たない話で申し訳ないが、
これは僕自身の経験も踏まえた上で本気でそう思うことだから仕方がない。

訴訟等の、いわゆる司法の場というのは、
所詮、他人の作ったルールに従い、他人の価値観によって結論が出される場に過ぎない。

少なくとも、自分の家庭の中の話をする場所ではないな。

 

大体、そんな大事なことを他人の結論に委ねて、どうするというんだ。

 

人に代わりに結論を出してもらうようなことをして、
その後、相手とマトモにコミュニケーションなど取れるわけがない。

当人同士だけの問題ならばまだいいけれど、子がいる場合は一体どうするつもりなのか。

面会や養育費の支払い、減額交渉などで
いちいち、事あるごとに裁判所に駆け込んでなんかいられないだろう。

 

だが、当人同士で決着をつければ、それも幾分か変わる筈だ。

元々の話を決めたのが当人同士なのであれば、
改めて話をしなければならないような場合でも話し合いのハードルは下がる。

その後に揉めたりする可能性も極めて低くなるだろう。

 

 

それに協議であれば、ある程度決着のつけ方も融通が利く。

法律には私的自治という考え方があるからだ。

 

 

これは当事者同士が合意しているのであれば、
できうる限りは法律上の規定よりもその合意の内容を尊重しようという考え方だ。

当然、離婚協議でも適用される。

 

つまり、話し合いでお互いが納得しさえすれば、
法律の規定や判例の形にきっちり従っていなくとも決着がつけられるんだ。

 

しかし、人に委ねたらそうはいかない。

一般的な法律の指針によって、望まぬ形で結論が出されてしまう。

 

 

だから、男は協議で離婚しろ。

 

安易に法律に頼り、他人にすべての解決を委ねるのは間違いだ。

 

 

 続き「男の協議離婚は法律上の皮算用では纏まらない」

 

 

関連Q&A

 次項目「男性側から見た離婚の要件」に進む