男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室


行政書士 明和事務所          Tel  03-3739-0228
〒144-0045
東京都大田区南六郷2-36-6-303
Mail info@meiwa-office.com
全国対応

営業時間


月~土10:00~20:00
(ご予約頂いた場合は
 休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談、ご予約は
24h年中無休で受け付けております。

お問い合わせへ

お役立ちコンテンツ


男の話し合い離婚・家庭問題Q&A集 弊所にご相談頂いた方々の声 離婚・家庭問題お役立ちアイテム
マスコミ・雑誌等掲載情報 非弁行為と弁護士法72条について


 メール相談24時間受付中

 お電話・面談でのご相談は
 定額制です。

 追加費用を気にせず、
 落ち着いてご相談頂けます。

 まずはメール若しくは
 お電話でご予約下さい。

インフォメーション

HOME

代表者ご挨拶

事務所のご案内

弊所の特徴

ご依頼の基本的な流れ

報酬・費用一覧

お知らせ
男の話し合い離婚

男の離婚の基礎知識

男性側から見た離婚の要件

男の慰謝料問題

財産分与

婚姻費用について

養育費

離婚調停

男の親権問題

面接交渉・面会交流権

妻の暴力・逆DV

偽DV問題

モラルハラスメント

妻が妊娠中の離婚について

若年離婚とは

早期の離婚特有の問題点

男の再婚問題

男の家庭問題

現代家庭の様相と問題点

仕事と家庭の両立法

家庭への男女の思い違い

子育て・教育について

親族との付き合い

壊れにくい家庭の作り方

これからの家庭の姿・形

ご相談・代書業務

離婚・家庭問題カウンセリング

告発・サイト掲載依頼

離婚協議書・離婚公正証書

手紙・郵便物の代書

DV誓約書・謝罪文

別居合意書


顧問契約

お問い合わせ

男の悩み相談、承ります

離婚・家庭問題はお任せください

男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室
行政書士 明和事務所
代表 行政書士 吉 田 重 信

Tel  03-3739-0228
Mail info@meiwa-office.com

プロフィール

お問い合わせへ

事務所について

弁護士法72条について

特商法に基づく表記

個人情報保護方針

免責事項

リンク集

 面接交渉・面会交流権について



離婚後も子に会うために


  子を引き取らなかった方の親は、
  離婚後も子に面会したり、互いに連絡を取り合う権利があると言われている。

  いわゆる面接交渉(面会交流)権と言うヤツだな。


  実際の面会の回数や方法、場所等については、
  基本的には当事者同士の協議によって決めることとされている(民法766条1項)。

  話し合いで決められないような場合は、親権の決定と同じように家庭裁判所に申し立て、
  裁判所に適切な処分を命じてもらうことになる(民法766条2項)。



 (離婚後の子の監護に関する事項の定め等)
  民法766条
  父母が協議上の離婚をするときは、
  子の監護をすべき者その他監護について必要な事項は、その協議で定める。
  協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、
  家庭裁判所が、これを定める。

 ②子の利益のため必要があると認めるときは、
   家庭裁判所は、子の監護をすべき者を変更し、
   その他監護について相当な処分を命ずることができる。



  実は面会の約束を取り付けること自体はそんなに難しいことじゃない。

  本当に難しいのは、離婚後にも面会を継続させることなんだ。


  これについては男女共にベクトルの違った難しさを抱えている問題だから、
  とにかく男が不利だ、というような言い方はしない。

  ただ、男性の場合は基本的に親権は相手に渡すことになる関係上、
  面会の交渉で相手に主導権を握られてしまっている人が非常に多いのは事実だ。


  この問題については、・離婚協議書等で法的な義務付けをすることも大切だけれど、
  正直、それだけでは追いつかない。


  面会したい、させたくない、ってのは法律上の理由ではないだろう?


  問題の根幹が違うんだよ。

  法律なんかでどうにかしようとしたって、限界がある。


  もっと言うとな、面会については色々と策を講じたところで、
  相手が強引に約束を踏み倒そうとしてきた場合には確実性に欠けるんだ。



  法律で義務付けしてあるのだから、そんなことはできないはずだって?

  法律は所詮、机上の空論だよ。


  無論、それを破った場合のペナルティは当然あるのだけれど、
  今の時代、そのペナルティが確実に相手に作用するとは限らないんだ。


  これに関しては、正直、専門家なんかが悪知恵を入れているのも大きい。

  相談を受けていて、本当にそう思う。


  守らなくても大したことがないもの、どうとでも言い訳がつくもの、
  そんな約束ならば、皆、守ったりするわけがないだろう。


  だから、今後、この問題についてはアプローチの仕方を変えていった方が良い。

  法律上の権利義務のみで面会条件を固めて、
  その実効性に期待するようなやり方では、これからの問題に対処できない。


  無論、それは今後も最低限、した方が良い。

  ただ、それを面会を実現させるための、
  第一義的な実行手段として捉えるのは間違いだと言っているんだ。


  念のため、面会について決めておくべき一般的な約束事は下記に記しておくけれど、
  一番大切なことは相手が約束を破れないように内容を吟味することじゃない。


  別れた女性が子との面会に応じるのはどういった動機なのか、
  そこについての理解を深めることがキーとなる。


  まぁ、これについては相手の人格によりけりだ。

  自分で考察するのが難しいようであれば、相談に乗る。


  経験はある方だ。


  



面接交渉のために決めておくべき主な内容


 (日数及び時間)
  月に、若しくは何ヶ月に何回か、そして1回につき何時間程度か

 (面会の場所及び受け渡し方法)
  場所を特定する場合はその場所、
  送り迎えが必要ならその方法、交通費の負担等

 (宿泊の有無)
  宿泊を可能とするのであれば、その旨

 (連絡方法等)
  手紙、電話、メール等、子との直接的な交流の有無及び方法等

 (記念日、プレゼント等)
  誕生日や正月等の過ごし方、
  金銭やプレゼントの授受を可能とするならその旨



スポンサードリンク
   



不当な面接交渉の拒否について


  親権者は理由もなく別れた相手との面会を拒否することはできない。


  判例等では面接交渉権を親の権利であるとはっきり明言してはいないけれど、
  実親の権利の一つとして観念されていることには違いないからね。

  しかし、これに関しては現状、有名無実となりつつある。


  「予定が合わない」、「子が熱を出した」、「会いたくないと言っている」、
  「再婚したから関わらないでほしい」、



  相手方からこういったことを突きつけられて、
  にっちもさっちもいかなくなっているような人達は少なくないと思う。


  原因についてはある程度、僕の中で定義付けができているけれど、
  ちょっと一言では説明できないな。

  まぁ、コンテンツを読んでいる人が興味があるのは原因よりも対策だろうから、
  ここではあまり深くは触れないでおく。

  でも、面会に限らず、何かについての対策を考えるにあたっては、
  まず、根幹となっている原因を理解することが重要だということは覚えておいてもらいたい。


  ひとまず、こういった状況になった際に、
  例えば強制執行で面会を実現させようとか、訴えて慰謝料を請求してやろうとか、
  そういったアプローチによって対処しようとするのは間違いだと言っておく。

  法律使って無理やり面会を実現させたとしても、
  基本的に子の生活の実権は親権者である相手方が握っているんだよ。


  毎回、強制的に面会をし続けたところで、
  その後もマトモな親子関係を継続していくことなんてできるか?

  子がどんな気持ちで面会に来ると思う?


  この手の問題は、皆、すぐ法律でどうにかしようといった発想をするみたいだけれど、
  それは方法の内の一つであって、それがデフォルトの手段というわけじゃない。

  まず、そこに気付かないとダメだ。





  そもそも、面会をしたいと思う理由はなんだ。



  権利があるからか?

  会わせる義務を課したからか?



  違うよな。



  離婚後も父親でいたいからだろう。



  だったら、それを実現することを軸にして対策を考えるんだ。


  それが少なくとも裁判所を介入させて、
  強引に面会を実現させることではないことくらいはわかるはずだろう。


  この問題は何か起こってからというよりも、
  起こる前から対策を練っておくことの方がはるかに重要なんだ。

  男性の場合、大抵の人が問題が起こってから慌てる人が多い。


  もっと早く来い、とまでは言わないけれど、少し問題を舐めてかかりすぎだと思う。



  人間関係ってのは、一度格付けが済んでしまうと修正がとても難しい。

  そして、こういった強引なやり方で面会拒否をされるケースでは、
  大抵の場合、この離婚後の相手との関係性の構築の部分で大ミスをやらかしている。


  うまく面会ができているケースとそうでないケース、
  一体、どこで差がついていると思う?


  一番効果的な対策ができるのは離婚後じゃない、離婚をする前だよ。


  離婚後で、すでにこういった問題が起きてしまった状態なのであれば、
  少々、違った形でのアプローチでいった方が良い場合もある。


  この辺はケースバイケースだな。






面会の交渉は他人に頼むな


  離婚時において、弁護士に面会の交渉を委託するような人もいるとは思う。

  確かに、もう相手と対面で話し合いができないような状況なのであれば、
  それも仕方のない対応だろう。


  でも、こんなのは最終手段だよ。

  当たり前のように他人に委託をするようなもんじゃない。



  勘違いをしちゃあ、いけない。


  離婚後に相手と連絡を取って子に面会をするのは弁護士じゃなくて、自分なんだ。

  他人に交渉を任せてしまって、その後、相手との関係性が築けるか?



  無理だ。



  特に離婚後の面会における相手との関係は、
  「政治」のような関係性を保たねばならない微妙なものなんだ。


  前項目でうまく面会できているケースとそうでないケースとの差は、
  一体、何なのかを議題に挙げたね。


  大まかな言い方をすると、
  相手との間でそういう「政治的」な関係性を築けているかどうかなんだよ。


  離婚するのだから、お互いにお互いの存在が面白くないのは当然だろう。

  でも、面会をうまく成立させていくには、
  その面白くない中でお互いの利害を調整できるような関係性を築くことが大事なんだ。


  別に弁護士が悪いわけじゃないけれど、
  そういったケンカの代行人を挟んでしまったら、まあ、まず無理だと思う。


  なんとかまとめたとしても、
  所詮、権利と義務とやらで、かろうじて繕われた仮初めの関係だ。

  権利義務の実効性が怪しくなってくれば、あっという間に砕け散る。



  大切なのは当事者同士の歩み寄り、そして、譲歩だよ。


  ・・・政治的だろう?



  これは、「いざとなれば訴えればいい」なんて考え方をしていては、
  決してたどり着けない境地だよ。



  政治の世界は、本当にぶっ放したら負けなんだ。



  「共存」こそが面会のキーポイント。


  それを覚えておいてもらいたい。




  面接交渉・面会交流のワンポイント

  面会交流に限った話ではないけれど、
  家庭内での問題は当事者の感情面での衝動が絡む問題でもある。

  まあ、ここが最も厄介な部分でもあるな。


  ひとまず、面会ができなくなってしまったとしても落ち着くことだ。

  一生会えなくなるようなケースなんか、むしろ稀だと思うからね。


  人が思い通りに動かないからといって、
  カンシャクを起こして無理に動かそうだなんて考えてはダメだ。

  そういう時は、敢えて自分からは動かないことも必要だろう。


  





関連コンテンツ

・養育費

・男の親権問題

・妻が妊娠中の離婚について

・手紙・郵便物の代書

・離婚協議書

・告発・サイト掲載依頼

関連Q&A

Q3.面会の回数や方法で中々折り合いがつきません。





出版物紹介

㈱秀和システム様より本を出版してます



「プロが本音で書いた男のための離婚の本」


・詳細はこちら






 自分の悩みや今の境遇について、
 吉田重信からコメントをもらいたいという方は、
 ・報酬表をご確認の上、下記よりご予約、お問い合わせ下さい。


弊所にご相談頂いた方々の声

(20代 男性)


(30代 男性)


 ・他の方々の声も見る場合はこちらをクリック



~解決への第一歩です。まずはご相談を~

ご予約受付時間 10:00~20:00
03-3739-0228

(前もってご予約頂ければ休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談は24時間受付中



スポンサードリンク




HOME  離婚・家庭問題カウンセリング  告発・サイト掲載依頼  離婚協議書・離婚公正証書
手紙・郵便物の代書  DV誓約書・謝罪文  別居合意書  顧問契約

当ホームページ内の文章・画像の無断転載は厳禁です。
Copyright©2012-2017 行政書士明和事務所. All Rights Reserved.