Q3.面会の回数や方法で中々折り合いがつきません

男の話し合い離婚Q&A Q3

 

 

Q3.面会の回数や方法で中々折り合いがつきません。
離婚することが決まり、金銭処理や親権の問題もあらかた片付いたのですが、
最後に子との面会の回数や方式で折り合いがつかず困ってます。

養育費を払う以上、こちらには面会を請求する権利はあるはずでしょう。

 

A.愛情、愛憎は「権利」、「義務」では割り切れん。

離婚と子どもの話になると、
必ず「親権」だの「面接交渉権」だのの言葉が出てくるからな。

 

だから、どうしてもそういった面から話を考えてしまうのは、まあ、仕方がない事だと思う。

 

でも、元々、子と面会したいと思うのは「権利があるから」ではないだろう?

それと同じで、元配偶者が面会に協力するのも、
「義務だから」というのとはちょっと違う。

女性が面会に協力する動機は、それとはまた別の場所にもあったりする。

 

だから、面会をただの権利、義務の話にするだけでなく、
相手にも協力を促す形で話をするよう努力した方が良い。

 

 

「義務は義務、協力を求めるなんて生ぬるい」だって?

 

それは違う。

 

もし、そんな風に考えているのだったら、
ちょっと考え方に現実味がなさ過ぎるから、少し考え直した方が良い。

 

子どもは一人では会いに来れない。

 

これは決して、物理的な意味合いだけで言っているわけではないからな。

 

 

回答者

離婚・家庭問題はお任せください

行政書士明和事務所

行政書士 吉田 重信

・プロフィール

・マスコミ・雑誌等取材歴

・お問い合わせへ

 

秀和システム様より、本を出版しております

「プロが本音で書いた男のための離婚の本」

・詳細はこちら

 

 

Q&A一覧に戻る