元妻との復縁はありうるのか

元妻との復縁はありうるのか

 

「男の再婚問題」題目

1.「再婚は結婚のネガティブさを知ってこそ」

2.「再婚は消去法でしてはならない」

3.「元妻との復縁はありうるのか」

 

書いた人

離婚・家庭問題はお任せください

行政書士明和事務所

行政書士 吉田 重信

・プロフィール

・マスコミ・雑誌等取材歴

・お問い合わせへ

 

秀和システム様より、本を出版しております

「プロが本音で書いた男のための離婚の本」

・詳細はこちら

 

 

相手から別れを告げられて離婚に至った方に中には、
復縁について希望を抱く人も少なくないな。

 

別に悪いことだとは思わないし、
実際に復縁しているカップルもいる以上、可能性がないことだとも思わない。

 

ただ、離婚した直後から復縁したいと願っているような状態では、
恐らく、その可能性は極めて低いのではないかと思う。

 

いきなりネガティブな話になって、済まない。

 

しかし、ねだる人間に何も降ってこないのは本当だよ。

 

 

特に、女に関してはそうなんだ。

 

追えば追うほど、逃げていく。

 

 

そして、その執着が強くなればなるほど、まるで蛇や蛙かの如く、より激しく嫌わry

 

 

 

 

・・・もう、よそう。

 

なんだか、僕も病みそうになってきた。

 

 

 

 

まあ、平たく言うと、同情と愛情は別物なんだよ。

 

個人的に、この二つは決して相容れないものだと思っている。

 

仮に無理を言って戻ってきてもらえたとしても、
夫婦としての関係を再構築することなんて、できはしない。

 

 

無理だ。

 

外面だけ見繕ったとしても、その先にあるのはお互いにとっての不幸だよ。

 

結婚という法制度に合わせることくらいはできるかもしれないけれど、
二度と「夫婦」の関係には戻れない。

 

 

また、女性の割り切りに対する強さも無視をしてはいけないことだ。

 

面会時なんかに相手と普通に接することができていたりすると、
ついつい、やり直せるんじゃないか、なんて思ってしまう男性の方もいるみたいだけれど・・・。

 

 

女性はその辺、ホント、ドライだよ。

 

親権者が母親の場合、子が幼いうちは母親が引き渡しに来ることになるから、
たしかにそういった部分で離婚後も接点があることも少なくないだろう。

 

しかし、それはそれ、これはこれ。

 

そういった「割り切り」については、女は男以上に「男らしさ」を見せる場合もある。

 

これを楽観視してしまうのは男だけだ。

 

 

別にそういった形から、うまくいったケースがないと言い切るわけじゃない。

 

ただ、それでも、あくまで復縁というゴールを目指したいというのであれば、
自分から何かを求めて相手にアプローチをかけるやり方は間違いだ。

 

 

じゃあ、どうするべきか。

 

 

野暮な話だから、ここで多くは語らない。

 

 

 

相手が自らの意思でやってくることに賭けるんだ。

 

 

そして、「賭け」は全て自分主導で動かせるものでないことくらいは、わかるよな?

 

 

 

 

・・・それでダメだったらどうするのかって?

 

 

 

 

泣けばいいよ。

 

 

 

 1.「男の再婚問題 結婚のネガティブさを素直に受け入れよ」

 2.「再婚は消去法でしてはならない」

関連Q&A

 

 前項目「早期の離婚特有の問題点」に戻る