男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室


行政書士 明和事務所          Tel  03-3739-0228
〒144-0045
東京都大田区南六郷2-36-6-303
Mail info@meiwa-office.com
全国対応

営業時間


月~土10:00~20:00
(ご予約頂いた場合は
 休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談、ご予約は
24h年中無休で受け付けております。

お問い合わせへ

お役立ちコンテンツ


男の話し合い離婚・家庭問題Q&A集 弊所にご相談頂いた方々の声 離婚・家庭問題お役立ちアイテム
マスコミ・雑誌等掲載情報 非弁行為と弁護士法72条について


 メール相談24時間受付中

 お電話・面談でのご相談は
 定額制です。

 費用を気にせず、
 落ち着いてご相談頂けます。

 まずはメール若しくは
 お電話でご予約下さい。

インフォメーション

HOME

代表者ご挨拶

事務所のご案内

弊所の特徴

ご依頼の基本的な流れ

報酬・費用一覧

お知らせ
男の話し合い離婚

男の離婚の基礎知識

男性側から見た離婚の要件

男の慰謝料問題

財産分与

婚姻費用について

養育費

離婚調停

男の親権問題

面接交渉・面会交流権

妻の暴力・逆DV

偽DV問題

モラルハラスメント

妻が妊娠中の離婚について

若年離婚とは

早期の離婚特有の問題点

男の再婚問題

男の家庭問題

現代家庭の様相と問題点

仕事と家庭の両立法

家庭への男女の思い違い

子育て・教育について

親族との付き合い

壊れにくい家庭の作り方

これからの家庭の姿・形

ご相談・代書業務

離婚・家庭問題カウンセリング

告発・サイト掲載依頼

離婚協議書・離婚公正証書

手紙・郵便物の代書

DV誓約書・謝罪文

別居合意書


顧問契約

お問い合わせ

男の悩み相談、承ります

離婚・家庭問題はお任せください

男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室
行政書士 明和事務所
代表 行政書士 吉 田 重 信

Tel  03-3739-0228
Mail info@meiwa-office.com

プロフィール

お問い合わせへ

事務所について

弁護士法72条について

特商法に基づく表記

個人情報保護方針

免責事項

リンク集

 DV誓約書・謝罪文



反省の意を形に


  DVは暴力であることには違いないが、
  暴力を振るっている相手が殴りたくて殴り続けているとは限らない。


  止めたいと思っていても、どうしても止められない。

  そういうタイプの人もいる。


  もし、相手がそういう反省の意を示しているのであれば、
  その意思と今後の誓いを形に残すのも良いだろう。

  これを作成する目的は、
  法律で相手をがんじがらめにして止めさせるためじゃない。


  あくまで暴力を振るうことの愚かさを相手に自分で気付いてもらうためだ。


  暴力を止めさせたいのであれば、
  相手に自分で止めようと思ってもらわないと意味がないからね。


  法律で脅かしてその場で無理やり止めさせたって、決して収まらない。

  かえってよりストレスを溜め込むことになって、
  いずれこれまで以上に激しい形でリバウンドすることになる。


  クセになった暴力を止めさせられる可能性のある方法はただ一つ、
  他人が「止めさせる」んじゃなくて、本人が自分から「止めよう」と努力することだ。

  その努力を始めるきっかけとして、
  こういった書面を利用する手もあるということを知っておいてもらいたい。




   ご依頼      


事情によっては双方のお話をヒアリングさせて頂いた上で作成致します




スポンサードリンク
   



誠意は態度で示さなければ伝わらない


  つい、自分の方からパートナーを殴ってしまった、中にはそういう人もいるだろう。

  事情はあるのだろうけれど、
  自分から手を出してしまったことについては、ちょっと擁護できない。


  しかし、やってしまったものは仕方が無い。

  このまま家庭を維持していきたいのであれば、
  真摯に反省をした上で、誠意を持って謝罪するしかないな。

  ただ、言葉で謝罪するだけで相手が許してくれるとは限らない。

  手を出されたという事実は、そのくらい相手の信頼を失わせるものなんだ。

  むしろ、いい加減な気持ちで謝罪なんかしたりすると、
  かえって相手から反感を買ってしまうような場合だってある。


   誠意の無い謝罪     
ゴメン、ゴメン、もうしないから             信用できない!

安直な謝罪は逆効果



  暴力が肯定されることはない。

  しかし、それを行ったという一理由によって、
  これまでの家庭のすべてが否定されるようなものでもないはずだ。

  相手方が「謝罪の言葉だけでは信用できない」というのであれば、仕方が無い。

  それなら言葉だけでなく、態度で示すべきだ。


  たしかに表立って形に残る方法で謝罪なんかしたら、
  後々、自分にとって不利な材料となったりするかもしれない。

  しかし、そんな打算的なことを考えた上での謝罪には、
  誠意なんてものは欠片も感じない。


  己が身を切らずして、どうして信用が得られるというんだ。


  もし、「謝っているのだから、もういいじゃないか」、
  そんな風に考えているのだったら、あまりにも人を安く見すぎだ。


  そして、その「安く見ている」という浅はかさは、
  大抵、相手にも伝わっていると思っておいた方が良い。



  信用は何よりも高くつく。


  誠意ってのは、自分から責任を負うことによって、
  初めて相手に伝わるものだということを忘れてはいけない。


   責任を負う意思 自身の行為を自覚する    信用
誓約書・謝罪文と共に謝罪

誠意の証として有効です






DV誓約書・謝罪文作成費用



 DV誓約書・謝罪文 32.000円





DV被害は女性だけのものではない。

しかし、同じ暴力でも、男のものと女のものとでは性質が違い、
それに対する対処の方法も変わってくる。

口頭で止めるよう注意する程度では収まらない。

その程度で済む問題であれば、
この問題はとっくに解決して社会問題のトピックにも上がってこないはずだ。

使える方法は何でも使うくらいの気持ちでいた方が良い。




出版物紹介

㈱秀和システム様より本を出版してます



「プロが本音で書いた男のための離婚の本」


・詳細はこちら






 自分の悩みや今の境遇について、
 吉田重信からコメントをもらいたいという方は、
 ・報酬表をご確認の上、下記よりご予約、お問い合わせ下さい。


弊所にご相談頂いた方々の声

(20代 男性)


(30代 男性)


 ・他の方々の声も見る場合はこちらをクリック



~解決への第一歩です。まずはご相談を~

ご予約受付時間 10:00~20:00
03-3739-0228

(前もってご予約頂ければ休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談は24時間受付中




関連コンテンツ

・男の慰謝料問題

・離婚調停

・妻の暴力・逆DV

・モラルハラスメント

・別居合意書

・顧問契約





スポンサードリンク




HOME  離婚・家庭問題カウンセリング  告発・サイト掲載依頼  離婚協議書・離婚公正証書
手紙・郵便物の代書  DV誓約書・謝罪文  別居合意書  顧問契約

当ホームページ内の文章・画像の無断転載は厳禁です。
Copyright©2012-2017 行政書士明和事務所. All Rights Reserved.