男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室


行政書士 明和事務所          Tel  03-3739-0228
〒144-0045
東京都大田区南六郷2-36-6-303
Mail info@meiwa-office.com
全国対応

営業時間


月~土10:00~20:00
(ご予約頂いた場合は
 休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談、ご予約は
24h年中無休で受け付けております。

お問い合わせへ

お役立ちコンテンツ


男の話し合い離婚・家庭問題Q&A集 弊所にご相談頂いた方々の声 離婚・家庭問題お役立ちアイテム
マスコミ・雑誌等掲載情報 非弁行為と弁護士法72条について


 メール相談24時間受付中

 お電話・面談でのご相談は
 定額制です。

 追加費用を気にせず、
 落ち着いてご相談頂けます。

 まずはメール若しくは
 お電話でご予約下さい。

インフォメーション

HOME

代表者ご挨拶

事務所のご案内

弊所の特徴

ご依頼の基本的な流れ

報酬・費用一覧

お知らせ
男の話し合い離婚

男の離婚の基礎知識

男性側から見た離婚の要件

男の慰謝料問題

財産分与

婚姻費用について

養育費

離婚調停

男の親権問題

面接交渉・面会交流権

妻の暴力・逆DV

偽DV問題

モラルハラスメント

妻が妊娠中の離婚について

若年離婚とは

早期の離婚特有の問題点

男の再婚問題

男の家庭問題

現代家庭の様相と問題点

仕事と家庭の両立法

家庭への男女の思い違い

子育て・教育について

親族との付き合い

壊れにくい家庭の作り方

これからの家庭の姿・形

ご相談・代書業務

離婚・家庭問題カウンセリング

告発・サイト掲載依頼

離婚協議書・離婚公正証書

手紙・郵便物の代書

DV誓約書・謝罪文

別居合意書


顧問契約

お問い合わせ

男の悩み相談、承ります

離婚・家庭問題はお任せください

男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室
行政書士 明和事務所
代表 行政書士 吉 田 重 信

Tel  03-3739-0228
Mail info@meiwa-office.com

プロフィール

お問い合わせへ

事務所について

弁護士法72条について

特商法に基づく表記

個人情報保護方針

免責事項

リンク集

 仕事と家庭の両立法



家族だって、嫉妬する


  仕事は男の人生にとって、重要な意味を持つ。

  日頃のエネルギーの大半をそれに注ぐことは、別段、おかしなことではない。


  しかし、それらの行為について、
  家族も手放しで応援してくれるものと考えてしまうのは早計だ。



  家族のために頑張っているってのは、主観だろう。



  家族から見たら、「自分だけ楽しんでいる」と思われていたとしても、おかしくはない。


  男は特にこの辺の脇が甘いから、注意するんだ。




  家族だから、嫉妬なんてしない?


  いくらなんでも、危機感がなさ過ぎだよ。


  自分の家族だけじゃない。

  親兄弟であったって、この手の嫉妬はするもんだ。


  身内は神ではないからね。



  仕事がうまくいけば家族も潤うのだから、皆にとっても良いことじゃないかって?


  そりゃあ、男のノーミソの考え方だな。



  経済的な充実というのは、
  即物的な欲求や生活面での安心感を満たすだけのもの。


  人間が価値観を抱くのはそれだけとは限らないだろう。


  家族、特に女が生活の何に対してプライオリティを置いたりする生き物なのか、
  もう少し勉強をし直した方が良い。



  仕事による適度な負荷と、それを打破、もしくは達成して成果をあげることへの充実感、
  これは実際にそれを行った人間にしか享受することができない。

  だから、結果的に家族への利益に繋がるからといっても、
  その結果に対して、家族も同じように喜び、応援し続けてくれるとは限らないのが現実だ。



  また、本人が社会から認められた刺激は、厳密な意味合いでは家族と共有できない。

  家族からすれば、一人で「キラキラ」している状態の夫に対して妬ましいと思ったり、
  自分の求めに気付いてくれない様子が腹立たしく見えたりすることだって、ある。


  これは「やめろ」と言って、収まるもんじゃない。


  そういう、ドロドロしたものも含めて、人間なんだよ。



  ところが前述の通り、仕事に出ている本人からしたら、
  家族の為になるのだから、と、良かれと思っているようなケースも少なくないわけだ。


  仕事の事で奥さんに原因不明のハンストを起こされているような人は、
  少し立ち止まって、現状を思い返してみてもらいたい。


  主観的な損得勘定でケリをつけられるほど、人間関係は甘くないんだ。


  なまじ経済面等での間接的な利益はあるがゆえに盲点となり易い点ではあるけれど、
  男はこの点について、よくキモに命じておかなければならない。



  稼いでいるのだから、良いだろうって?


  バカを言っちゃあ、いけない。


  それではなぜ、特に生活に不自由していない専業主婦等が離婚や不倫に走るのか。



  家庭は互いにとっての、魂の拠り所でなければならないんだ。


  それすなわち、還る場所だよ。



  どんなに外でバカをやっても、最終的にはそこに帰ってくる。



  いや、帰ってくることができる。


  そういう場所だ。




  でなきゃ、こんないくらでも逃げ道が用意されているようなご時勢で、
  負荷だらけの婚姻生活を続けていくことなんて、できるもんか。



  この手のことは失敗をして、初めて気付くことができる類のものだ。


  ただ、「失敗した」と気付いた時には、もう遅い。



  人間関係は先に進むことはできても、巻き戻すことはできないからね。



  自分に向けられた猜疑心を、侮ってはならない。



不自由はさせてないんだし、                          
大丈夫だろう                 こっちは全然充実してない!

充実感      猜疑心    



家族はおいてけぼり・・・



スポンサードリンク
   



博打に他人を巻き込む度量はあるか


  表題の通りだ。



  難しいことは聞いていない。












  ・・・答えは出たかい?







  ここで聞いたのは、我と調和


  どちらに生き方の軸を置いているのか、ということだ。



  騙まし討ちのような問い方をしたのは、済まないと思っている。

  しかし、ここで伝えたかったのは表題の件を問われて、
  ある、という答えを用意してしまったのであれば注意が必要、ということなんだ。



  無論、例外もあるけれど・・・これはニュアンスを伝えるのが難しいな。

  元々の家庭の作り方というか、奥さんの素養に左右される部分も大きいと思う。


  まぁ、基本はダメだよ、そんな考え方をしていては。





  少し、噛み砕くか。



  仕事で成功したい、結果を残したいっていうのは、つまるところ、なんだよ。


  家族のためにもなるだろうってのは、前述した通り、ただの結果論に過ぎない。


  結果論を好意的に受け取るか否か、それを委ねられているは常に受け手側だ。

  自分から「良いものだろう」と言ってしまっては、
  仮にどんな言い方をしたとしても詭弁にしかならない。

  かえって、筋が通った話であればあるほど、より凄まじい反感を買うことになる。


  だからこそ、僕はこれを、我、すなわち、個人の欲と見ている。


  ここではそういう個人の欲と、家族とうまくやっていきたいという調和と、
  どちらを取るのかを考えてもらいたかったんだ。



  我を取るということは、つまるところ、博打だよ。

  金こそ賭けてはいないが、ね。


  まだ、自分に博打を打ち続けたいと思う「攻めっ気」があると自覚しているのであれば、
  少なくとも、自分から家族がついてくることを求めてはいけないな。



  別にそういうタイプは家庭を持つな、と言っているわけじゃない。

  ただ、そういう生き方を選択するのであれば、
  何かに追い縋ってはならないという稔侍くらいは持っておくべきだ。





  なぜかって?



  運をなくすからだよ。




  僕はこの件に関しては、絶対に止めておけ、と言えることが一つだけある。



  それは、中途半端な気持ちなんかで賭場に立つな、ということだ。





  失うぞ。

  そんなことをしていると。




  幸い、僕はそういう思いをする程度で済んだ。


  でも、人によっては最悪、命を落とすようなことにもなりかねない。



  他人にやられるとか、そんなレアケースの話をしているわけじゃないんだ。

  まぁ、「間接的に」という意味合いでは、それもありうるだろうけれど。


  要は、そんな勝負の出方をしていると、
  そのうち、自分で自分に手をかけるような状況にまで追い込まれかねないということだよ。



  運は必ず、落ちる時が来る。


  そして、運が離れている時というのは人が去っていくのと同時に、
  自分のもとにロクでもない人間や事象を引き込みかねない非常に危険な状態でもあるんだ。



  魔が差す。


  正に、その一言に尽きると言っていい。



  そんな状態の時に、去っていく人間に追い縋ったり、
  不安や心細さから人に寄りかかったり流されたりすると、一瞬でエジキにされる。




  そして、そのエジキにする人間は、何も他人であるとは限らない。





  追い縋った自分の家族に喰われる場合だって、ある。





  こんな経験をしてしまったら、もう、まともな神経では立ち直れない。



  冷えた状態で打つ博打は、手の込んだ自滅と同義なんだ。




  だから、我を取る生き方をするというのであれば、追うな。





  家族を持つな、なんて言わない。


  人に頼ってはいけない、なんてことも言わない。



  ただ、決して、自らが追う生き方を、追う家族の作り方をしてはならない。








  少し、長くなったな。


  そろそろ、話を切り替えそうか。



  逆に我ではなく、調和を取るというのであれば、
  そのために色々と諦めたり、捨てたりしなければいけない場合もあるだろう。


  抽象的な目的のためではなく、あくまで生きるための選択をするということは、
  ある意味では、そのために己の夢や目的を諦めるということだ。



  理不尽なことだと思うか?


  でも、あなたの奥さんは家庭に入る際、少なからず、それをしてきているはずだよ。



  男の場合は、身、一つだ。

  家族を持とうが、子が生まれようが、ある程度、行動に融通は効く。


  しかし、女の場合は、そうはいかない。

  子が生まれてしまったら、尚更だ。


  人として、女として、捨てなければならないものは山ほど、ある。



  だから、本気で家族のことが大事だと思うのであれば、
  夫がそのくらいの覚悟をしたとしても、大げさなことではないと思う。


  例を挙げるとすれば、生活環境や職業で揉めているのなら、
  会社を辞めて引っ越すくらいのことを考えても良いだろう、ということだ。


  家族のために我を捨てる覚悟があるのなら、そのくらいはできるはずだろう。


  生活が苦しくなるというのであれば、素直に家族にも協力を仰いでみたら良い。


  「自分が頑張らないと」

  そう思っているのは案外、自分だけかもしれないからね。


  人を頼ることを知るのも、また強さの内だよ。




  我は己の運の要素が大きく絡む。

  だから、そういう生き方を選択するのであれば、
  家族がいたとしても、基本的に「人は一人だ」というマインドを持っていた方が良い。




  勝つ時も一人、負けて失う時も一人。


  それが本来の勝負、博打打ちの世界だ。




  それができないというのであれば、悪いことは言わない。


  勝負の世界には向いていないから、
  幸せな家庭を築くことに専念する生き方を選択した方が良いだろう。

  その方が、平穏無事に生きることができる確率は高いと思うからね。



  僕はまだ若輩者であることには違いないが、コイツはある意味での老婆心なんだよ。


  ここを読んでいる人は僕よりも年長者の人も多くいるだろうから、
  僕みたいなガキに心配されて、余計なお世話だと思うような方もいるかもしれない。


  でも、そう思う前に、今一度、自分とよく向かい合ってみてもらいたいんだ。



  僕自身は、今、こうやって博打の世界で生きている。

  でも、実は本来、勝負事には向いていない性質だ。


  厚く張ることはできるのだけれど、
  事の流れを傍観視するには、少々、性格がセンチメンタル過ぎるからね。


  ドライになりきれない部分があるのは、
  博打打ちの世界では欠点以外の何物でもないと思う。

  まぁ、それゆえに持っている独特の強さもあるのだけれど。


  だからこそ、不向きな上で張り続けることのしんどさをよく知っている。


  これは、そこからくる老婆心なんだ。





  我と調和、どちらを尊重するのが自分に向いているか、答えは出たかい?



  無理せず、己の魂に忠実であれ、だ。

  ここは正直でいいんだよ。


  家庭はずっとついて回る。

  無理して自分にウソをつき続けていたら、いずれ、どこかで爆発してしまうからね。


  それを承知の上で出した結論であれば、
  どんな内容であったとしてもおかしなことはない。


  その結論に合わせた行動をしていけるかが重要なんだ。




  仕事と家庭の問題のワンポイント

  仕事は意地とプライドを持ってやるものだ。

  だからこそ、揉める要素がある。


  仕事場でも、家庭内でも、ね。


  それを己の居場所とするのか、
  あくまでも生きるためのツールとして割り切るのか。

  それによって、アプローチの仕方も変わるということだよ。


  






関連コンテンツ

・現代家庭の様相と問題点

・家庭への男女の思い違い

・子育て・教育について

・親族との付き合い

・壊れにくい家庭の作り方

・これからの家庭の姿・形

・手紙・郵便物の代書





出版物紹介

㈱秀和システム様より本を出版してます



「プロが本音で書いた男のための離婚の本」


・詳細はこちら






 自分の悩みや今の境遇について、
 吉田重信からコメントをもらいたいという方は、
 ・報酬表をご確認の上、下記よりご予約、お問い合わせ下さい。


弊所にご相談頂いた方々の声

(20代 男性)


(30代 男性)


 ・他の方々の声も見る場合はこちらをクリック



~解決への第一歩です。まずはご相談を~

ご予約受付時間 10:00~20:00
03-3739-0228

(前もってご予約頂ければ休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談は24時間受付中



スポンサードリンク




HOME  離婚・家庭問題カウンセリング  告発・サイト掲載依頼  離婚協議書・離婚公正証書
手紙・郵便物の代書  DV誓約書・謝罪文  別居合意書  顧問契約

当ホームページ内の文章・画像の無断転載は厳禁です。
Copyright©2012-2017 行政書士明和事務所. All Rights Reserved.