男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室


行政書士 明和事務所          Tel  03-3739-0228
〒144-0045
東京都大田区南六郷2-36-6-303
Mail info@meiwa-office.com
全国対応

営業時間


月~土10:00~20:00
(ご予約頂いた場合は
 休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談、ご予約は
24h年中無休で受け付けております。

お問い合わせへ

お役立ちコンテンツ


男の話し合い離婚・家庭問題Q&A集 弊所にご相談頂いた方々の声 離婚・家庭問題お役立ちアイテム
マスコミ・雑誌等掲載情報 非弁行為と弁護士法72条について


 メール相談24時間受付中

 お電話・面談でのご相談は
 定額制です。

 費用を気にせず、
 落ち着いてご相談頂けます。

 まずはメール若しくは
 お電話でご予約下さい。

インフォメーション

HOME

代表者ご挨拶

事務所のご案内

弊所の特徴

ご依頼の基本的な流れ

報酬・費用一覧

お知らせ
男の話し合い離婚

男の離婚の基礎知識

男性側から見た離婚の要件

男の慰謝料問題

財産分与

婚姻費用について

養育費

離婚調停

男の親権問題

面接交渉・面会交流権

妻の暴力・逆DV

偽DV問題

モラルハラスメント

妻が妊娠中の離婚について

若年離婚とは

早期の離婚特有の問題点

男の再婚問題

男の家庭問題

現代家庭の様相と問題点

仕事と家庭の両立法

家庭への男女の思い違い

子育て・教育について

親族との付き合い

壊れにくい家庭の作り方

これからの家庭の姿・形

ご相談・代書業務

離婚・家庭問題カウンセリング

告発・サイト掲載依頼

離婚協議書・離婚公正証書

手紙・郵便物の代書

DV誓約書・謝罪文

別居合意書


顧問契約

お問い合わせ

男の悩み相談、承ります

離婚・家庭問題はお任せください

男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室
行政書士 明和事務所
代表 行政書士 吉 田 重 信

Tel  03-3739-0228
Mail info@meiwa-office.com

プロフィール

お問い合わせへ

事務所について

弁護士法72条について

特商法に基づく表記

個人情報保護方針

免責事項

リンク集

 男の親権問題



父親は親権者になれるか


  親権の取得については、依然として女性が非常に有利な状況下だ。


  平成23年司法統計年報・家事編(第22表)によると、
  母親が親権者となったケースが19.153組なのに対して、
  父親が親権者になったケースは2.126組と、母親の10分の1程度の数となっている。
  (監護者となった場合を含む)

  かつては家庭裁判所の審判でも、
  父親と母親と五分五分と言える程度の比率で親権の決定が行われていたこともあったようだ。

  しかし、現在では7割程度が母親に親権を与える決定を下す傾向にある。


  親権の結論を他人に委ねた人がよく勘違いを起こしやすいのが、
  親権獲得を親としてのチャンピオンベルトかなにかと思い込んでしまうことだ。


  実は他人が親権者の判断をする場合、親の主観はあまり関係ない。

  親権者の決定は子にとっての利益と福祉という観点が大きく考慮される問題だから、
  子にとってどちらがその後の生活を送る上で有用であるかが重要なんだ。


  子への想いや愛情、離婚の責任がどちらにあるかという話よりも、
  あくまで子の福祉が最優先だよ。

  どちらがこれまで親として正しかったとか、どれほど子を愛しているだとか、
  そういったものが主体となって判断されるわけじゃないんだ。


  あくまで一般論だけれど、ね。



  そういった理由から、離婚の原因が妻側にあるような場合であっても、
  親権は妻に取られてしまうようなことも、実は少なくなかったりする。


  この事実をもって、自分が父親として全否定されたと考えてしまう人もいるみたいだけれど、
  前述の通り、これはあくまで子の今後の生活環境を考慮した上での結論。

  そんなに自分に問題があったのかと思いつめる必要はない。



  また、子自身の意思も、子がまだ幼すぎる場合はあまり重要視はされない。

  なぜなら、まだ年齢が低い子の意思は、
  事理弁識能力の低い未熟な意思表示と見られがちだからだ。


  自分で自分の事を決めるのにも、それなりの「能力」が要求されるんだよ。


  そして、その未熟な意思表示しかできないような子に対しては、
  裁判所が後見的な立場になって、代わりに結論を出してあげようということになっている。



  だから、どんなに子が「パパと一緒にいたい」と言っていたとしても、
  それがそのまま考慮されるとは限らない。


  子の今後の生活、福祉のためという大義の下、
  裁判所は鬼になることだってある。

  司法に結論を委ねるってのは、そういうことだよ。



  男性にとっての親権問題は、基本的にはネガティブな情報しか目に付かないな。


  ただ、子がある程度の年齢に達している場合には、
  子の意思も重要な判断基準になるとは言われている。

  子の心身の発達状況にもよるだろうけれど、
  10歳程度でも、子の意思を尊重した決定が下されたケースもあるようだ。


  ちなみに子が15歳以上である場合での親権者の決定や変更は、
  家事事件手続法で子に意思陳述の機会を与えることが義務化されている。

  そのくらいの年齢に達している場合は、子の意思も尊重されるみたいだね。


  ただ、いずれにせよ、親権については親同士の意地ではなく、
  子の利益を最優先で考慮すべき問題であるという認識は持っておいた方が良い。




 (陳述の聴取)
  家事事件手続法 第169条
  家庭裁判所は、次の各号に掲げる審判をする場合には、
  当該各号に定める者(第一号、第二号及び第四号にあっては、申立人を除く。)
  の陳述を聴かなければならない。

  この場合において、第一号に掲げる子の親権者の陳述の聴取は、
  審問の期日においてしなければならない。

  一 親権喪失、親権停止又は管理権喪失の審判
     子(十五歳以上のものに限る。)及び子の親権者

  二 親権喪失、親権停止又は管理権取消しの審判
     子(十五歳以上のものに限る。)、子に対し親権を行う者、
     子の未成年後見人及び親権を喪失し、若しくは停止され、又は管理権を喪失した者

  三 親権又は管理権を辞するについての許可の審判 子(十五歳以上のものに限る。)

  四 親権又は管理権を回復するについての許可の審判
     子(十五歳以上のものに限る。)、子に対し親権を行う者及び子の未成年後見人

 2項 家庭裁判所は、親権者の指定又は変更の審判をする場合には、
     第六十八条の規定により当事者の陳述を聴くほか、
     子(十五歳以上のものに限る。)の陳述を聴かなければならない。



スポンサードリンク
   



親権は感情論だけでは語れない


  近頃では親権をどうしても取りたがる男性の方も大分増えてきているな。


  基本的に協議離婚をする際、未成年の子がいる場合には、
  親権者を定めておかなければ離婚はできないことになっている(民法819条1項)。

  また、婚姻中に妊娠し、離婚時にまだ生まれていない場合は、
  原則として母親が親権者になるものとされている。

  これは父親が後に認知した場合でも変わらない。


  離婚後の親権者は、基本的には互いの協議によって決めるものだ。

  協議によって親権が定まらない場合は家庭裁判所に審判を申し立てて、
  裁判所にどちらが親権者となるかを判断してもらうことになる。




 (離婚又は認知の場合の親権者)
  民法819条
  父母が協議上の離婚をするときは、その協議で、
  その一方を親権者として定めなければならない。

 ②裁判上の離婚の場合には、裁判所は、父母の一方を親権者と定める。

 ③子の出生前に父母が離婚した場合には、親権は、母が行う。
    ただし、子の出生後に、父母の協議で、父を親権者と定めることができる。

 ④父が認知した子に対する親権は、
    父母の協議で父を親権者と定めたときに限り、父が行う。

 ⑤第一項、第三項又は前項の協議が調わないとき、
   又は協議をすることができないときは、家庭裁判所は、父又は母の請求によって、
   協議に代わる審判をすることができる。

 ⑥子の利益のため必要があると認めるときは、家庭裁判所は、
   子の親族の請求によって、親権者を他の一方に変更することができる。



  男が親権問題で極めて不利なのは、もうみんな承知済みだろう?

  親権に関しては母体優先の原則やらの母親絶対有利の原則論があって、
  基本的に男が法的に争って親権を勝ち取るのは至難の業だと言われている。


  まぁ、これは法律上の話だ。


  問題はそれだけじゃない。


  父親が一人で子を引き取って育てる環境が、
  母親に比べて厳しいという現実的な面での問題もある。


  母親に関しては子育てについて社会からの理解を得られ易いだろうけれど、
  父親の場合はそう簡単にもいかないだろう。

  自分の実家で面倒を見てもらうからという人もいるけれど、
  それは子にとって本当に良いことなのか?



  今これを読んでいる方、子が熱を出したり、授乳があるからと、
  会社を早引けしたり休んだりすることができるか?




  まぁ、有休、半休を自由に使えるような職場であれば、
  時間を取ることくらいはできるかもしれない。


  でも、それで本当に周りからの理解を得られるのか?



  子だって成長する。

  いつまでも赤ん坊ではいないんだ。


  男の子の場合、じっとなんかしていない。

  家の中だけじゃなく、外や他人との間でもトラブルを起こしたりする。

  ケンカとか分かり易いトラブルだけじゃなくて、
  金銭面や倫理的な面での問題なんかも含めて、だ。


  そばに付き添って、一緒に考えてやることができるか?



  女の子だった場合、思春期を迎えた際に適切な対応ができるのか。

  生活習慣に関わることだから、
  生理についてだって、家族で真剣に話し合わなきゃならないこともあるんだぞ。


  娘に恥をかかせずに、それができるか?



  厳しいことを言っているのは承知している。

  でも、子がいる生活ってのはそういうもんだよ。


  働いて、稼いで、ご飯を食べさせて、遊んであげるだけが子育てじゃない。

  一緒にいたいという気持ちだけでは追っつかないこともあるんだ。



  これら諸問題を男である自分と女である相手との場合に照らし合わせてみて、
  何か気付くことはないか?




  そう、


  母親は父親にもなれるけれど、父親は母親にはなれないんだよ。




  これは、「努力する」では済まない話なんだ。

  努力してどうにかなる問題でもないからな。


  親権に関しては母親優先を一貫する裁判所に対して批判が集まり易い問題だけれど、
  そういった子育ての観点から見た上では一定の合理性はある結論なんだ。


  母親の元であれば、なんだかんだで子はそれなりに育ちはするからね。


  仮に母親の素行に少々問題があったとしても、な。




  異論、反論があることは認める。


  家庭環境も皆、一律で同じではないからね。

  こいつはあくまで、一般論だよ。


  でも、あくまで一般論で考えるのであれば、
  やはり父親よりも母親の元にいた方が子は育ち易いとは思う。


  これが現実だ。



  もし、これらのことについてよく考慮もせずに、
  ただ、「親権を勝ちとればいい」と考えているようであれば、少し落ち着いた方が良い。


  親権を争うことよりも、・面接交渉・面会交流をより確実なものとした方が、
  はるかに現実的であろうと思われるようなケースは山ほどある。


  男の場合は、まず、どうして親権を取りたいと思うのか、
  それを相手に告げる前に良く考えるべきだろう。



  客観的な立場から、ただ、つらつらと意見を述べているわけじゃない。


  これは僕自身が同じ道を辿った上で引き摺り出した、一つの答えなんだ。




  他人事だと思ってテキトーなことを言っているだなんて、
  決して思わないでもらいたい。





  無論、例外だって、ある。

  母親の生活習慣や倫理的な面が極めて不安定で、
  どうしても親権を相手に渡すわけにはいかないようなケースだ。


  このような状況なのであれば、四の五の言っていられないだろう。

  争ってでも親権を勝ち取りにいく価値のある事例だと思う。


  ただ、前述した通り、あくまで「争って勝ち取る」といったやり方では、
  男の場合、かなり線の細い戦いになることは必至だ。

  親権に関してはとにかく争う形では不利一辺倒だから、
  粘り強く交渉していくことを優先して対策を練ることも考えた方が良い。

  弁護士に委託するのもアリだと思う。


  ちなみに親権に関しては親権者と監護権者を分けるといった方法もあるけれど、
  こういったやり方はその場しのぎで何の問題の解決にもならないからお勧めしない。



  親のエゴだよ、それは。


  子のためを想ってすることではないな。



  親権と監護権を分けた場合、実際に子と生活を送るのは監護権者で、
  親権者は子が重要な法律行為を行う際に同意を与える権限を持つことになる。

  もう、こんなことをすればどうなるかくらい、分かるだろう。


  この場合、監護権者と親権者との意見が対立していたりすると、
  一度解決したはずの紛争を再燃させてしまうようなことにもなりかねない。

  だから、親権についてはむやみに分離したりせず、一方に決めておいた方が無難だ。


  親としての意地があるのはわかっている。

  しかし、その意地の張り合いで子が犠牲になってしまっては本末転倒だろう。



  男にとっての親権は取る事だけが全てではない。


  それを念頭に置いた上で、子の将来も考えて対応を検討した方が良い。






離婚後の子との関係


  認知した子との間では、離婚したとしても親族関係は終了しない。

  だから、子に対する扶養義務は離婚後もそのまま継続することになる。


  したがって、養育費は原則として支払わなければならない。

  これは仮に親権者が再婚して、
  子が再婚相手の養子等になった場合でも同じことだ。


  ただし、養子となった子の扶養義務は養親にも発生するから、
  子が再婚相手の養子となった場合等には養育費の減額や打ち切りが可能な場合もある。

  この辺についてはケースバイケースだな。


  ちなみに別れた子には養育費だけでなく、実親の相続権もある。

  これも再婚相手の養子となったからといって消滅するものではないから、注意が必要だ。


  バツのついた男には頭の痛い問題だと思う。

  でも、これについても対処の方法がないわけでもない。


  相続に関する一般的な知識と、資産運用への柔軟な考え方があれば、
  対処する方法はないこともない。



  なお、離婚した後でも実親には子に面会する権利がある(・面接交渉・面会交流権)。

  男性の場合、可能性の低い親権獲得に注力するよりも、
  面会交流を確実に行えるよう努力をしていく方がいくらか前向きな話がし易いな。


  子についての処遇は当事者同士の感情面が強く絡む問題だ。

  面会交流は相手方の協力もあって実現できるものということを忘れてはならない。


  つまり、法律的に決着をつけることも大事だけれど、
  お互いに気持ちの折り合いをつけることが何よりも大切なんだよ。


  裁判なんかやってしまったら、もう、無理だ。






天使に刺されることだってある


  親権の話をするのは気が重いと思う。

  子に対して話をする場合なんかは、なおさらだろう。


  母親の方が良い、と、子から引導を渡されるような目に遭うこともある。


  場合によっては母親の不倫相手の方が良い、なんて言われる場合もあるかもしれない。



  辛いな。


  これまで一生懸命、家庭を支えてきたと自負しているのであれば、
  恐らく、この世の終わりかのような思いをしていると思う。


  でも、こうなってしまうのは、ある意味では仕方のない事象であるとも言える。


  親父の努力や愛情ってのは、基本的に子には伝わりにくいんだよ。


  確かに、子は大人に比べて感受性がとても高くて、
  人の感情の動きや態度に関しては、大人以上のカンの良さを見せる場合もある。

  でも、親父が積み上げてきた努力や愛情の証ってのは、このカンでは気付けない。



  なぜなら、これらのカンは社会に出てから養われる社会的な感覚によって、
  初めて築かれるものだからだ。



  相談者の中には、「これまで一生懸命やってきたのに、どうして!」と、
  感極まってしまうような方もいるけれど、ちょっと待った、と言いたい。


  相手はまだ社会に出て、自分一人で生活をした経験もない子。

  親父が今の立場になるまで社会でどれほどの思いをしてきたのか、
  自分以外のために、家庭を支えるために、外で金を稼いでくることがどれほど辛いことで、
  自己犠牲を伴う究極の愛情の形であるか、なんて、


  そんなの、わかるわけがないだろう。



  そういった、まだ社会的な感覚が未熟な子が最も大事だと思うのは、
  いつもそばにいてくれるという分かり易い愛情なんだよ。


  余談だけれど、これは子だけじゃなくて、若い内から家庭に入ってしまったりして、
  社会的感覚が乏しい主婦なんかにも同じことが言えるな。

  だから、「寂しかった」なんて理由で浮気をしたりするんだ。



  社会に出るのが二十歳前後、自分で家族を持って、将来設計をして、
  色々、社会での立場なんかができてくるのが、大体三十歳を越えたあたりか。

  親父の背中が見えてくるのは、そのくらいになってからなんじゃないのか。


  それまでは何歳であろうが、ガキはガキだ。

  大人の感覚で愛情を受け止めろ、なんて言っても酷だと思う。



  どうしてわかってくれないのか!?だって?


  厳しい言い方になるけれど、そりゃあ、子に対する甘えだよ。

  親はあくまでも、与える立場なんだ。


  だから、仮に子から別れを告げられてしまったとしても、
  あまり自分を追い詰めないでもらいたい。

  親として間違っていたとは限らないのだから。



  本当に愛情注いで家庭を支えてきたのであれば、
  将来、きっとわかってくれる時が来る。


  仮にわかってもらえなかったとしても、
  それをひっくるめて奉仕するのが親の愛情なんじゃないのかい?




  見返りを求める気持ちを持つな、なんて言わない。


  ただ、それをグッと堪えて表に出さないのが親だろう。





  伝わらないのは、仕方がない。

  そのほろ苦さも含めての人生だよ。



  離婚に限った話じゃない。


  真剣に人生やっていれば、誰でも一度くらいは経験することだ。




   親権問題のワンポイント

  親権についてはどうしたらいいか、なんてのは一言で答えられない問題だ。

  気持ちの面での折り合いももちろんだけれど、
  今後の生活のことなんかはキレイ事や精神論だけでは済まない。

  リアルに考えなければならない問題なんだ。


  厳しいことばかり書いてしまったけれど、
  実際に父親で子を引き取ってちゃんと生活をしている人だって、いる。


  線は細いが、無茶ではない。


  ライフプランを真剣に検討した上で、本当に引き取るというのであれば、
  できうる限りのサポートはさせてもらう。


  





関連コンテンツ

・面接交渉・面会交流権

・養育費

・離婚調停

・手紙・郵便物の代書

・離婚協議書

関連Q&A

Q3.面会の回数や方法で中々折り合いがつきません。





出版物紹介

㈱秀和システム様より本を出版してます



「プロが本音で書いた男のための離婚の本」


・詳細はこちら






 自分の悩みや今の境遇について、
 吉田重信からコメントをもらいたいという方は、
 ・報酬表をご確認の上、下記よりご予約、お問い合わせ下さい。


弊所にご相談頂いた方々の声

(20代 男性)


(30代 男性)


 ・他の方々の声も見る場合はこちらをクリック



~解決への第一歩です。まずはご相談を~

ご予約受付時間 10:00~20:00
03-3739-0228

(前もってご予約頂ければ休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談は24時間受付中



スポンサードリンク




HOME  離婚・家庭問題カウンセリング  告発・サイト掲載依頼  離婚協議書・離婚公正証書
手紙・郵便物の代書  DV誓約書・謝罪文  別居合意書  顧問契約

当ホームページ内の文章・画像の無断転載は厳禁です。
Copyright©2012-2017 行政書士明和事務所. All Rights Reserved.