男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室


行政書士 明和事務所          Tel  03-3739-0228
〒144-0045
東京都大田区南六郷2-36-6-303
Mail info@meiwa-office.com
全国対応

営業時間


月~土10:00~20:00
(ご予約頂いた場合は
 休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談、ご予約は
24h年中無休で受け付けております。

お問い合わせへ

お役立ちコンテンツ


男の話し合い離婚・家庭問題Q&A集 弊所にご相談頂いた方々の声 離婚・家庭問題お役立ちアイテム
マスコミ・雑誌等掲載情報 非弁行為と弁護士法72条について


 メール相談24時間受付中

 お電話・面談でのご相談は
 定額制です。

 費用を気にせず、
 落ち着いてご相談頂けます。

 まずはメール若しくは
 お電話でご予約下さい。

インフォメーション

HOME

代表者ご挨拶

事務所のご案内

弊所の特徴

ご依頼の基本的な流れ

報酬・費用一覧

お知らせ
男の話し合い離婚

男の離婚の基礎知識

男性側から見た離婚の要件

男の慰謝料問題

財産分与

婚姻費用について

養育費

離婚調停

男の親権問題

面接交渉・面会交流権

妻の暴力・逆DV

偽DV問題

モラルハラスメント

妻が妊娠中の離婚について

若年離婚とは

早期の離婚特有の問題点

男の再婚問題

男の家庭問題

現代家庭の様相と問題点

仕事と家庭の両立法

家庭への男女の思い違い

子育て・教育について

親族との付き合い

壊れにくい家庭の作り方

これからの家庭の姿・形

ご相談・代書業務

離婚・家庭問題カウンセリング

告発・サイト掲載依頼

離婚協議書・離婚公正証書

手紙・郵便物の代書

DV誓約書・謝罪文

別居合意書


顧問契約

お問い合わせ

男の悩み相談、承ります

離婚・家庭問題はお任せください

男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室
行政書士 明和事務所
代表 行政書士 吉 田 重 信

Tel  03-3739-0228
Mail info@meiwa-office.com

プロフィール

お問い合わせへ

事務所について

弁護士法72条について

特商法に基づく表記

個人情報保護方針

免責事項

リンク集

 離婚調停について



調停は話し合いの最後の砦


  調停は当事者同士での話し合いが難しい場合に、
  家庭裁判所に申立てする手続だ。

  基本的には裁判所の職員(調停員)に、
  話し合いの仲介をしてもらうようなものだと思っていればいい。


  家庭内の問題は法律による解決が必ずしも正しいとは限らないし、
  実際にはむしろ、それに馴染まないケースの方が多い。

  だから、当事者同士で揉めてしまった場合でも、いきなり裁判等には移行せず、
  その前段階として、必ずこの調停というプロセスを踏まなければならないことになっている。

  いわゆる、調停前置主義というヤツだな。


  注意しておくべき点としては調停はあくまで話し合いをする場であって、
  法的な争いをする場所ではないということだ。

  法的テクニックじみた対応での切り抜け方や、
  泣き落とし等で調停員の同情を買うようなやり方を勧めるような情報も見られるけれど、
  はっきりいって、男の場合、こういった対応の仕方は誤りだと言っておく。



  男がそういう小器用な立ち回り方なんかしてはダメだ。


  かえって、信用を失うことになる。



  難しいことを考える必要はない。

  人として当たり前のことさえしてくれば、それで良い。



  調停はある意味では自分の責任観念を他人に評価される場であるとも言える。

  当事者同士での話し合いが及ばず、
  調停に移行せざるを得なくなってしまった場合でも、男がやることはただ一つ。



  誠実に、取るべき責任は潔く取る。



  その態度を観た第三者があなたに対して抱く感情は、
  決して、同情や哀れみのようなチンケなものではないはずだ。


  第三者を入れた話し合いの場では浅ましさよりも潔さ


  どうか、それを忘れないでいてもらいたい。



スポンサードリンク
   



協議離婚と調停離婚の違い


  調停は当事者同士で顔を合わせた話し合いはせず、
  調停員が仲立ちをした状況であくまで別々に話をする場所だ。

  だから、一般の協議離婚とは違い、
  互いに感情的にならずに話を進めることができるという利点がある。

  しかし、その反面、人前で家庭内のことを話さなければならないというデメリットもあるのも事実だ。


  家庭内での出来事や考え方はキレイ事だけでは済まない。

  場合によってはシモの話までしなければならないようなケースだってあるだろう。


  しかも、そいつを他人から評価されるわけだ。


  こういったことに抵抗感を抱く方は当然、少なくない。



  ちなみにシモの話に関しては案外、女性の方が達観しているな。

  かえって男性の方がそういう話になると引っ込み思案になってしまうようだ。


  これは中々興味深い事象だね。

  男性と女性の社会的な立場の違いが端的に現れている。


  まあ、長くなるし、脱線気味になるからここでは割愛するけれど。



  なお、調停を経て離婚に至った場合には、戸籍に調停を経て離婚した旨が記載される。

  互いの協議で離婚した場合には、単純に「離婚」としか記載されない。


  特に効力に違いはないけれど、一生残るものだから、
  裁判所が関与したということが記録に残ることを気にする方もいるとは思う。

  そういう場合には調停で話し合いだけして流し、
  最終的な決着は当事者同士で行っているようなケースもある。


  裁判所や調停員の立場からすれば、
  なんとかその場でまとめてしまいたいだろうけれど、別に気にする必要はない。

  これはあくまで彼らの職務上の都合の話だからね。


  当事者同士の都合があって調停を流したいのであれば、
  きっと理解をしてもらえるはずだ。


  ちなみに調停での離婚が成立した場合は、離婚届に相手方の署名や押印は必要ない。

  調停成立後10日以内に調停調書を添付して届け出れば、そのまま受理される。


 調停調書と公正証書の違い

  調停調書も公正証書も、締結した内容が不履行に陥った場合は、
  相手方に対して裁判を経ずに強制執行できるという部分では違いはない。

  ただ、公正証書が当人同士で締結できるものであるのに対し、
  調停調書は調停を経て作成してもらうものだから、調停を経て決着をつけた場合は、
  大抵、次回何か起こった場合においても、また調停行きになるケースがほとんどだ。

  当事者同士で決着をつけていない関係上、
  再度の話し合いが空気的にますます難しくなってくるというわけだな。


  これは弁護士等の第三者を立てて決着をつけた場合も同様だ。

  法的にそうなっているとかじゃなくて、人間ってのはそういう生き物だからね。


  だから、離婚は法律問題なのだから、と、
  一律に調停を起こすことや弁護士を立てることを考えたり、
  それが絶対だからと、人に勧めたりするのは間違いだと言っておく。


  子の面会時等で改めて揉めた場合、かえって面倒なことになる。



  基本的に調停調書も公正証書も書類の効力といった部分では似ている。

  しかし、調停での決着を望む場合はその後何らかの形で相手とコンタクトを取る際に、
  また裁判所で話をする可能性が高くなるということは覚悟しておいた方が良い。






法律ゲームに巻き込まれるな


  基本的に調停では、調停員の方から法律上の規定が場に出されることはない。

  調停は裁判とは違い、結論までのプロセスに法的な論理までは要求されていないからだ。


  調停の結果によって作成される調停調書には法的な効力が付帯されるし、
  協議をまとめるための指針として法律の規定が参考にされることはあるけれど、
  あくまで決着までのプロセスが話し合いであることには変わりない。


  ところが相手方に専門家がついたりすると、少々事情が変わってくる。


  これまでは家族間の話し合いであった場に、
  法テクや駆け引き等の「勝つための技法」が持ち込まれるわけだ。


  くだらないことだと思う。

  家庭内の問題にそんなものを持ち込むことの不毛さは、
  今更、僕が改めて説明をするまでもないだろう。


  これは離婚や弁護士に限った話ではないけれど、
  この業界で仕事をしていると「法的にスジが通れば何をしたって構わない」と思っているような、
  おかしなのに遭遇する機会が結構な比率で、ある。

  いや、正確に言うと、「訴えられさえしなければ何をしても構わない」、だな。



  「法の抜け道」ってのは、違法性を回避するという意味だけじゃない。

  違法であっても訴えられさえしなければ問題がないものや、
  実際に訴えて法的責任を問うまでのハードルが非常に高いもの
を指す言葉でもあるんだ。



  偽証なんか、いい例だね。


  連中、そういうのをよく知っている。


  訴訟実務の知見があるということは、裏を返せばそういう意味でもあるんだよ。


  あとは、専門家が個人的にヒスを引き起こしているとしか思えないようなケースね。

  どうにかして子との面会を自由にさせないようにしたり、
  ほとんど嫌がらせレベルで法的手続きを長引かせたりするようなことをしたりするわけだ。


  職務上の義務や立場も絡む問題だから、
  この手の問題に対して単純に倫理面のみから非難するのはナンセンスだろう。

  しかし、話を聞いている限りでは、
  明らかにそんな高尚な世界の話ではないようなケースが目立つ。


  手段を選ばないってのは、
  もっと別の局面でやってこそ映えるもんなんじゃないのか。



  というか、離婚調停の代理なんかはフツーの感覚であれば、
  積極的に引き受けようだなんて思わないだろう。

  マトモな先生方は相談だけ引き受けて、
  あとは「自分で行ってきたらどうか」と促したりしている。

  人様の家庭を他人が論じることの不毛さをご存知だからだと思う。


  まぁ、もちろん、元々依頼人と懇意だったり、
  紹介を受けたりして引き受けているような普通の先生方もいるみたいだけどね。



  これらの諸問題について、大まかにアドバイスするとしたら一つだけ。


  相手の用意した土俵に乗るな、だ。



  調停を起こされた人は裁判所からの呼び出しや、
  専門家の言うことにビビッてしまって、ついつい相手のペースに乗せられてしまう方が多い。

  でも、別にそれに従わなければならないという決まりは、ない。



  というか、敵が用意したレールだよ?


  行き先は地獄に決まっているだろう。



  だったら、初めからそんなレールには乗らなければ良い。


  ちょっと難しいかもしれないけれど、
  相手の言うことを真に受けて論じたりせず、自分の考えを話すことに専念するんだ。



  相手に専門家がついていたら、自分でやるのは無理なんじゃないかって?


  当事、20歳そこそこだった僕でも一人で何とかしてきたんだ、
  できないわけがないだろう。




  当然、当事の僕には法律知識なんて、一切、ない。

  相手には弁護士がついていたけれど、そんなのお構いなしだった。


  それで9割方、自分の言い分は通してきたよ。




  何度も言うが、調停は裁判とは違う。


  たしかに話し合いのプロセスで法律の規定が参照されるようなこともあるが、
  それを主軸として話を進める場ではないし、相手方の出した「それ」に付き合う理由もない。


  他人の家族の問題で「勝つためのテクニック」なんかを披露したがる人間の方が、
  よっぽど恥知らずで大人気ないんだ。





  法律ゲームからの出口は、法律上の損得勘定を凌駕した先にある。



  相手の脅しなんか、いちいち、真に受けたりしないことだ。




  離婚調停のワンポイント

  調停は僕自身、過去に自分の事情で何度も足を運んできている。

  その経験から言う。


  相手の立場や肩書きに呑まれるな。


  調停で一番大事なのは、そこだと思う。


  






関連コンテンツ

・男の離婚の基礎知識

・男の慰謝料問題

・養育費

・別居合意書

・離婚協議書

・偽DV問題

・男の親権問題

・面接交渉・面会交流権

・告発・サイト掲載依頼

関連Q&A

Q2.相手の親がうるさくて困ってます。





出版物紹介

㈱秀和システム様より本を出版してます



「プロが本音で書いた男のための離婚の本」


・詳細はこちら






 自分の悩みや今の境遇について、
 吉田重信からコメントをもらいたいという方は、
 ・報酬表をご確認の上、下記よりご予約、お問い合わせ下さい。


弊所にご相談頂いた方々の声

(20代 男性)


(30代 男性)


 ・他の方々の声も見る場合はこちらをクリック



~解決への第一歩です。まずはご相談を~

ご予約受付時間 10:00~20:00
03-3739-0228

(前もってご予約頂ければ休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談は24時間受付中



スポンサードリンク




HOME  離婚・家庭問題カウンセリング  告発・サイト掲載依頼  離婚協議書・離婚公正証書
手紙・郵便物の代書  DV誓約書・謝罪文  別居合意書  顧問契約

当ホームページ内の文章・画像の無断転載は厳禁です。
Copyright©2012-2017 行政書士明和事務所. All Rights Reserved.