婚姻費用の支払いは拒否すべき? 請求されたらどうするか

婚姻費用の支払いは拒否すべき?

 

「婚姻費用について」題目

1.「婚姻費用の支払いは拒否すべき?請求されたらどうするか」

2.「婚姻費用請求権を悪用する専門家に注意せよ」

 

関連法律知識

・婚姻費用支払い義務の例外

 

書いた人

離婚・家庭問題はお任せください

行政書士明和事務所

行政書士 吉田 重信

・プロフィール

・マスコミ・雑誌等取材歴

・お問い合わせへ

 

秀和システム様より、本を出版しております

「プロが本音で書いた男のための離婚の本」

・詳細はこちら

 

 

婚姻費用とはいわゆる生活費のことを指す。

原則として収入があるのであれば、互いに負担しなければならないものとされている。

 

 

 

 

これは仮に激しい仲違いをしていたとしても、同じことだ。

 

法律上で付帯されている義務は、
すでに婚姻が破綻しているという事実関係とは無関係のものだからね。

 

夫婦関係が継続している以上、この義務に変更はない。

 

例外もあるけれど、原則として支払わなければならないものを、
敢えて支払わないというのであれば、やはり揉める。

例えば別居なんかの事例だと、
特にどちらが原因でそういうことになったのかといった話に発展しやすい。

 

ここまでいくと、法律事件になる。

 

 

だから、別居するならするでいいけれど、
この婚姻費用についてはあらかじめよく話し合っておいた方が良い。

 

早い話、婚姻費用は相手のためを思って支払うものじゃなくて、
自分を守るために支払っておくものなんだよ。

 

 

 

 

本来の趣旨と違うじゃないかって?

 

 

今更、そんな事を言っても仕方がないだろう。

 

 

 

 

男が婚姻費用の支払いを検討しなければならない状況というのは、
そもそもそういうものだ。

 

そこから目を逸らしていては、
本当に必要な行動を選択することなんてできない。

 

 

 続き「婚姻費用請求権を悪用する専門家に注意せよ」

 

 

関連法律知識
関連Q&A

 

 前項目「財産分与」に戻る

次項目「養育費」に進む