男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室


行政書士 明和事務所          Tel  03-3739-0228
〒144-0045
東京都大田区南六郷2-36-6-303
Mail info@meiwa-office.com
全国対応

営業時間


月~土10:00~20:00
(ご予約頂いた場合は
 休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談、ご予約は
24h年中無休で受け付けております。

お問い合わせへ

お役立ちコンテンツ


男の話し合い離婚・家庭問題Q&A集 弊所にご相談頂いた方々の声 離婚・家庭問題お役立ちアイテム
マスコミ・雑誌等掲載情報 非弁行為と弁護士法72条について


 メール相談24時間受付中

 お電話・面談でのご相談は
 定額制です。

 追加費用を気にせず、
 落ち着いてご相談頂けます。

 まずはメール若しくは
 お電話でご予約下さい。

インフォメーション

HOME

代表者ご挨拶

事務所のご案内

弊所の特徴

ご依頼の基本的な流れ

報酬・費用一覧

お知らせ
男の話し合い離婚

男の離婚の基礎知識

男性側から見た離婚の要件

男の慰謝料問題

財産分与

婚姻費用について

養育費

離婚調停

男の親権問題

面接交渉・面会交流権

妻の暴力・逆DV

偽DV問題

モラルハラスメント

妻が妊娠中の離婚について

若年離婚とは

早期の離婚特有の問題点

男の再婚問題

男の家庭問題

現代家庭の様相と問題点

仕事と家庭の両立法

家庭への男女の思い違い

子育て・教育について

親族との付き合い

壊れにくい家庭の作り方

これからの家庭の姿・形

ご相談・代書業務

離婚・家庭問題カウンセリング

告発・サイト掲載依頼

離婚協議書・離婚公正証書

手紙・郵便物の代書

DV誓約書・謝罪文

別居合意書


顧問契約

お問い合わせ

男の悩み相談、承ります

離婚・家庭問題はお任せください

男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室
行政書士 明和事務所
代表 行政書士 吉 田 重 信

Tel  03-3739-0228
Mail info@meiwa-office.com

プロフィール

お問い合わせへ

事務所について

弁護士法72条について

特商法に基づく表記

個人情報保護方針

免責事項

リンク集

 婚姻費用について



婚姻費用は自分のために払うもの


  婚姻費用とはいわゆる生活費のことを指す。

  原則として収入があるのであれば、互いに負担しなければならないものとされている。




 (婚姻費用の分担)
  民法760条
  夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、
  婚姻から生ずる費用を分担する。



  これは仮に激しい仲違いをしていたとしても、同じことだ。


  法律上で付帯されている義務は、
  すでに婚姻が破綻しているという事実関係とは無関係のものだからね。



  夫婦関係が継続している以上、この義務に変更はない。


  例外もあるけれど、原則として支払わなければならないものを、
  敢えて支払わないというのであれば、やはり揉める。

  例えば別居なんかの事例だと、
  特にどちらが原因でそういうことになったのかといった話に発展しやすい。


  ここまでいくと、法律事件になる。



  だから、別居するならするでいいけれど、
  この婚姻費用についてはあらかじめよく話し合っておいた方が良い。


  早い話、婚姻費用は相手のためを思って支払うものじゃなくて、
  自分を守るために支払っておくものなんだよ。





  本来の趣旨と違うじゃないかって?



  今更、そんな事を言っても仕方がないだろう。





  男が婚姻費用の支払いを検討しなければならない状況というのは、
  そもそもそういうものだ。


  そこから目を逸らしていては、
  本当に必要な行動を選択することなんてできない。



スポンサードリンク
   



足がかりにされることもあるから注意せよ


  婚姻費用は、自分を守るために支払っておくべきものだと言ったな。

  これは裏を返して考えれば、
  婚姻費用というものは女にとっては男を責める武器になりうるということだ。


  実際、この婚姻費用を足がかりとして責め立てられ、
  今後の離婚への主導権を相手に握られてしまうようなケースもある。


  実は婚姻中に相手に調停を起こされたりする場合があるけれど、
  その内容は何も離婚調停であるとは限らない。


  離婚する気はまだないけれど、
  滞っている婚姻費用を支払って欲しいといったことで調停を起こされることもあるんだ。


  本当に生活費に困ってやむを得ず調停を起こすような人もいるだろうから、
  安易にここでそういった行為全体をこき下ろすようなことはしない。

  しかし、大抵、このような場合、表向きはまだ婚姻は続けていくつもりと言っていても、
  裏ではすでに相手が離婚に向けて動いている可能性が非常に高い。


  普通の感覚なら、離婚する気のない相手をいきなり裁判所に呼び出したりはしないからな。



  最初は離婚を突きつけず、まずは婚姻費用を請求して資金を蓄え、
  時期が来たら一気に離婚に向けて話を切り出してくるといったケースが目立つ。


  婚姻費用の請求の時点で生活費も払わない酷い夫と言う形で一旦非難しておけば、
  今後の離婚話もより進めやすくなるからね。


  わかっているとは思うけれど、
  こんなしたたかな対応、素人が自分で判断して行うのは無理だ。

  何か別の目的があって、わざと被害者を気取っている自覚のある人間は、
  自分一人でテリトリー外の人間まで巻き込む決断ができるほどの度胸はないからな。

  すでに専門家とか別の第三者がついていて、
  今後の離婚に備えて裏で指揮を受けていると考えておいた方が良い。


  大体、そういった専門家が先手を取るための「つっかけ」として使うのが、
  この「婚姻費用の請求」なんだよ。



  建前としては婚姻費用の請求であったとしても、
  その目的が本当に今後の婚姻生活を維持するためであるとは限らない。

  これはそういった別の目的のためのツールとして使われることもあるものなんだ。


  だから、そのことも承知した上で、
  初めから突っ込まれる隙を作らないようにしておかなければならない。




  婚姻費用のワンポイント

  責任を取るということと隙を作るということは表裏一体だ。

  だから、自分で把握している責任があれば、
  それは相手から言われる前に自分から積極的に取りにいった方が良い。


  金を払う=負けと考える人もいると思う。


  たしかに、その認識は間違っちゃいない。

  しかし、相手に振り込むことになるからといって、
  打牌まで弱気一辺倒になる必要なんかないだろう。

  そんなやり方をしていては、ますます相手に舐められるだけだ。


  ましてや、相手に絡め取られたわけでもない。

  その後の流れを見据えた上で、敢えて自分から振り込むんだ。


  これはただの「負け」とは価値が違う。


  せっかく男として生まれたんだ。

  「強く負ける」という世界があることも知っておいてもらいたい。




  タダで人に勝つことはできない。

  それと同じで、人を負かしてタダで済むこともないんだよ。


  






関連コンテンツ

・男の慰謝料問題

・財産分与

・養育費

・手紙・郵便物の代書

・離婚協議書

・告発・サイト掲載依頼

関連Q&A

Q2.相手の親がうるさくて困ってます。





出版物紹介

㈱秀和システム様より本を出版してます



「プロが本音で書いた男のための離婚の本」


・詳細はこちら






 自分の悩みや今の境遇について、
 吉田重信からコメントをもらいたいという方は、
 ・報酬表をご確認の上、下記よりご予約、お問い合わせ下さい。


弊所にご相談頂いた方々の声

(20代 男性)


(30代 男性)


 ・他の方々の声も見る場合はこちらをクリック



~解決への第一歩です。まずはご相談を~

ご予約受付時間 10:00~20:00
03-3739-0228

(前もってご予約頂ければ休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談は24時間受付中



スポンサードリンク




HOME  離婚・家庭問題カウンセリング  告発・サイト掲載依頼  離婚協議書・離婚公正証書
手紙・郵便物の代書  DV誓約書・謝罪文  別居合意書  顧問契約

当ホームページ内の文章・画像の無断転載は厳禁です。
Copyright©2012-2017 行政書士明和事務所. All Rights Reserved.