離婚に乱入する親族や他人

女性を守る!で暴走する危険人物達

 

「若年離婚とは」題目

1.「若年者の離婚では相手に勝とうとしてはいけない」

2.「許せない、自分の子、それに全てを賭けるのは間違いだ」

3.「女性を守る!で暴走する危険人物達」

 

書いた人

離婚・家庭問題はお任せください

行政書士明和事務所

行政書士 吉田 重信

・プロフィール

・マスコミ・雑誌等取材歴

・お問い合わせへ

 

秀和システム様より、本を出版しております

「プロが本音で書いた男のための離婚の本」

・詳細はこちら

 

 

これは若年離婚や若い方の恋愛事情によく見られる傾向だ。

「女を守る」という表向きの大義名分は、
時に違法行為をも容認する空気すらかもし出す危険性を孕んでいる。

 

特に若年離婚の場合、当事者の女性が幼いこともあって、
人の「加護欲」を刺激、充実させるようなポイントは、わんさとある。

 

世の中には、女が助けを求めているというだけで思考が停止する人達は一定数いるんだ。

 

最近、駅なんかに張られている、「痴漢です!」という女の一言で、
「痴漢だ!」、「犯罪だ!」とガヤが喚きたてている内容のポスターを見れば、わかるだろう?

 

そういった連中にとってこの手の大義名分は、正に、気狂いに刃物だと言っていい。

 

連中の暴走に巻き込まれないよう、注意するんだ。

 

 

自分達の家族なのだから、心配なのはわかる。

しかし、だからといって相手の立場も考えずになにをやっても構わないわけじゃない。

 

特に相手の母親なんかが出てきた場合、
実際の事情もよく知らないのにヒステリックに夫を攻撃しているようなケースが目立つ。

 

離婚は当人同士の問題だ。

第三者が「別れろ」、「お前のせいだ」等の口はあまり挟むべきではないだろう。

 

大体、いくら親族とはいえ、家の中の事に口出しするにしても限界はある。

 

他所の人間に何がわかると言うんだ。

そのエゴの押し付けが原因で、家庭崩壊に至っているんじゃないのか。

 

 

また、妻側の親が出てきた場合、
夫側の親も協議に引きずり込もうとするような事例も散見される。

 

一見、公平な協議を行おうとしているように見えるかもしれないけれど、そうじゃない。

こういった場合、夫の代わりに親に金銭等を支払わせる目的をもって、
協議に参加するよう呼びかけているような場合もあるんだ。

 

若年離婚は婚姻期間が短いゆえに、
財産分与の対象となる資産がほとんどないというようなケースだってある。

慰謝料に関しても、若さゆえにどちらに原因があるとも言えない場合も多く、
離婚時の金銭授受の機会自体が少ない。

そういった事実に不満を持って、
強引に示談金めいたものをせびろうとするケースもあるわけだ。

 

理由なんか、取ってつけたようになんだって言ってくる。

 

 

「娘の戸籍に傷がついた」「ずっと我慢して泣いていたんだぞ」

 

責任を取れ、とな。

 

 

ちなみに、離婚の慰謝料や財産分与を、
親が代わりに支払わなければならないという法的義務は一切、ない。

 

ただし、油断は禁物だ。

こういったことをする連中ってのは、そもそもの理屈なんて関係ないんだよ。

 

自分達に有利な条件を引き出すために、子どもを人質に取るくらいのことは平気でする。

 

こんな連中に法律なんか突きつけても、二つ返事で言うことなんか聞くわけがない。

 

 

 

なぜかって?

 

連中の行動原理の根幹は、理屈じゃなくて「目的」からだよ。

 

 

 

理屈では追いつけない。

 

腕力で負けてしまう。

 

 

 

腕力に対抗する手段は、もはや一つしかないんだ。

 

 

困った人達だ。

 

無論、日頃から相談相手として話をされるくらいはあるだろう。

あくまで仲を取り持つといった形であれば、
友人、知人にご協力願うこと自体はおかしなことじゃない。

しかし、離婚に関してまで身を乗り出して関与しようとするのは、
やはりバカとしか言いようがないな。

 

僕自身、実際にこんな非常識な事例に遭遇したとき、
「ここまで常識のない人間がいるのか」、と驚愕したものだ。

 

当人らを見た感じでは、その動機は様々だ。

 

純粋に相手を助けようと思っている人、自分に酔っているお花畑、
人の立場が理解できない、自己実現の場として利用しようとしている等の変人。

 

・・・まぁ、大抵の場合がエゴの押し売りだよ。

 

場違いな自分が見えていないのか。

 

間の抜けたフェミニズム談義がしたいのなら、他所でやったらいい。

 

 

ちなみに女性から「困っているの・・・」なんて風に相談を受けて、
浮気相手なんかが妙な使命感を持って突っかかってくるようなケースも稀にあるな。

 

無粋な男だ。

 

惚れた腫れたは各人の勝手だけれど、
他人の積み木崩しにまで関与しようとするなんて無粋と言うよりほかないだろう。

 

モラルの低下なんてレベルじゃない。

男根だけで物事を考えているんじゃないのかと疑いたくなる。

 

なお、こういった「自分が女性を守る!」みたいな英雄的思考で便乗してくる人間は、
時にエスカレートした行動に出ることもあるから特に注意しておかなければならない。

 

具体的に言うと暴行脅迫だ。

 

 

家族間のトラブルに関しては、
仮にトラブルの相手方であっても一定の節度と気遣いは必要だろう。

 

しかし、これは他人。

 

遠慮は要らない。

 

軽薄な正義感に酔っている人間というのは、さんざエラソーなことをのたまうくせに、
いざ、自分に火の粉が飛んでくるとわかったら、まるで蜘蛛の子を散らすように逃げていく。

今のご時勢、義憤とやらに己の命をかけられるほどの気概を持っている人間は少ないし、
そもそも、そういった人間は人様の家庭事情に土足で踏み入るような真似はしないからな。

 

 

所詮、そこが外野の限界だよ。

 

 

エスカレートしすぎな場合は、とことんやってやるといい。

 

そのための力だったら、喜んで貸そう。

 

 

 1.「若年者の離婚では相手に勝とうとしてはいけない」

 2.「許せない、自分の子、それに全てを賭けるのは間違いだ」

関連Q&A

 

 前項目「妻が妊娠中の離婚について」に戻る

次項目「早期の離婚特有の問題点」に進む 

自分の悩みや今の境遇について吉田重信からコメントをもらいたいという方は、
・報酬表をご確認の上、下記よりご予約、お問い合わせ下さい。

(20代 男性)

(30代 男性)

ご予約受付時間(日曜・祝日除く)

10:00~20:00

03-3739-0228

(前もってご予約頂ければ休日、時間外でも対応致します)