男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室


行政書士 明和事務所          Tel  03-3739-0228
〒144-0045
東京都大田区南六郷2-36-6-303
Mail info@meiwa-office.com
全国対応

営業時間


月~土10:00~20:00
(ご予約頂いた場合は
 休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談、ご予約は
24h年中無休で受け付けております。

お問い合わせへ

お役立ちコンテンツ


男の話し合い離婚・家庭問題Q&A集 弊所にご相談頂いた方々の声 離婚・家庭問題お役立ちアイテム
マスコミ・雑誌等掲載情報 非弁行為と弁護士法72条について


 メール相談24時間受付中

 お電話・面談でのご相談は
 定額制です。

 追加費用を気にせず、
 落ち着いてご相談頂けます。

 まずはメール若しくは
 お電話でご予約下さい。

インフォメーション

HOME

代表者ご挨拶

事務所のご案内

弊所の特徴

ご依頼の基本的な流れ

報酬・費用一覧

お知らせ
男の話し合い離婚

男の離婚の基礎知識

男性側から見た離婚の要件

男の慰謝料問題

財産分与

婚姻費用について

養育費

離婚調停

男の親権問題

面接交渉・面会交流権

妻の暴力・逆DV

偽DV問題

モラルハラスメント

妻が妊娠中の離婚について

若年離婚とは

早期の離婚特有の問題点

男の再婚問題

男の家庭問題

現代家庭の様相と問題点

仕事と家庭の両立法

家庭への男女の思い違い

子育て・教育について

親族との付き合い

壊れにくい家庭の作り方

これからの家庭の姿・形

ご相談・代書業務

離婚・家庭問題カウンセリング

告発・サイト掲載依頼

離婚協議書・離婚公正証書

手紙・郵便物の代書

DV誓約書・謝罪文

別居合意書


顧問契約

お問い合わせ

男の悩み相談、承ります

離婚・家庭問題はお任せください

男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室
行政書士 明和事務所
代表 行政書士 吉 田 重 信

Tel  03-3739-0228
Mail info@meiwa-office.com

プロフィール

お問い合わせへ

事務所について

弁護士法72条について

特商法に基づく表記

個人情報保護方針

免責事項

リンク集

 子育て・教育について



一義的なルールなど存在しない


  今の時代、子育てに限らず、何についても考え方がフォーマル過ぎるな。


  皆、それとなくキレイに纏まってはいるのだけれど、自分がない。



  世情による影響も大きいと思う。

  今のご時勢は法律や施設、役所手続等、
  家庭への表面上のバックアップ体制は過去とは比べ物にならないくらい潤沢だ。


  しかし、そうなったことによって、逆に不自由になってしまった点もある。


  他者による体制が整うということは、
  逆説的に捉えればそれだけ型にハメられ易くなったということだ。



  今は人様の家庭のあり方に、他人の目が入り易くなり過ぎているな。


  中性洗剤で洗ったかのような生臭みのない正論とやらが、
  全体主義的な考え方の武器として、社会に蔓延してしまっているからだろう。


  それを押し付け易いツールも、時代と共に大分発達してきたしね。


  何とは言わないが。



  僕は他人が他所の子育てのやり方や価値観等に対して、
  手前勝手な基準で良し悪しを決定したりすることは、非常に愚かしいことだと思う。



  神にでもなったつもりか、と。




  自分の意見を持つことは良いことだ。


  しかし、頼まれてもいないのなら口出しなどすべきではないだろう。


  直接、手を出したりするのなんか、論外だと言っていい。




  生きる、家族を作ることとは、本来、もっと血生臭いものだ。


  家族が互いに血を流し合って作り上げるモニュメント。


  それが家庭というものなのだ。



  そこには他者の持論や抽象的な決まり事が介入する余地など、ない。



  そう考えれば、他人がそれを振り回して当事者を否定したりすることが、
  どれだけイビツでおぞましい行為であるか、良く分かるだろう。



  今、離婚についての考え方に節操がなさ過ぎるのも、
  家庭にそういった血生臭さがないからだ。


  DV、モラハラ、虐待なんて社会の造語に踊らされて、
  他人が提示した利益に飛びつき、家庭を放り出したりするのなんか正にその典型と言える。


  まあ、そんな情報を提示したりする他人もバカだとは思うがね。



  そういった、くだらん情報が蔓延しているせいもあってか、
  今の子育て、結婚制度は、常識と体裁に重きを置いたものに成り下がっている。

  生きるためのツールとしてなんか機能していないんだ。





  僕自身、かつて結婚していた時期はある。


  もっと言うと、そういう状況でなくとも、
  家庭を持ち、子育てに参加していた時期だって、ある。



  別に隠し子がいるとか、そういう話じゃないぞ。



  型にはハマらず。

  かといって、真剣味を失わず。



  そうやって渡世をしていると、
  思いもかけず、そんな機会に恵まれることだってあるんだ。



  今、僕の手元に子は、いない。


  だから、僕が語る子育てに関することは当時の記憶と、失敗談によるものだ。


  オールマイティで語れる経験、能力がないことについては申し訳なく思う。


  しかし、家庭というものに対してそういう刹那的な接し方をしてきたからこそ、
  逆に見えている世界というものも、ある。



  僕が感じている現代家庭特有の違和感なんかは、正にその典型だろうね。





  人は、いずれ去る。



  そんな当たり前の事にさえ、気付いていない人は多い。



  いや、気付かないようにしているだけなのかもしれないな。





  今、この場で伝えられることは一つ。



  後悔しないよう、接することだ。





  子との関係性に、こうでなければならないなんて決まりはない。


  なんでもそうやって定義付けしたがるのは、事象を客観的に見ている証拠だよ。




  自分の子とのことなんだ。


  もっと主観的に、エゴく生きたって良いと思う。



スポンサードリンク
   



血と所有という病


  人が物事に対して抱いている感情の本質は、それを失う瞬間に最も顕著に現れる。



  すなわち、我と願望。


  もっと言うと、単純な欲求か、加護心、信託だ。



  後者は一般的には「愛」というのかもしれないが、
  一概に断定できるほど実際の事象は単純ではないから、ここでそのように表現することは控える。




  そうだな。



  仮に理不尽、不条理な理由で、
  自分が子と離れ離れになる事態を想像してみると良い。


  その時、あなたはどんな動機で、子を手元に置いておきたいと思う?



  単純に、そばにいてほしいから?


  それとも、自分といた方が子の成長に寄与できると思うから?



  後者だという人には、もう一押し考えてもらいたい。



  では、離れた方が子のためになるという明確なメルクマークが存在するのだとしたら、
  黙って子を手放せるのか?




  究極の問答になるかもしれないが、
  純粋に子の成長を願うというのはそういうことだよ。


  できない、というのであれば、そこには少なからず「我」が潜んでいる証拠だ。



  自分の手で子を育てたい、自分のそばにいて欲しいという、ね。




  決して、そう思うことを批判しているわけじゃない。


  僕にだって、そういう欲求はある。




  しかし、子は色々な意味で、まだ未熟なんだ。


  親からの愛情を、愛情として理解することができないほどに、な。



  親の我をぶつけるには、彼等、彼女等は幼すぎる。




  反感を買うかもしれないが、敢えて言おう。


  子が望むというのなら、後ろから斬られてやるのもオヤジの役目だ、と。




  将来、きっとその時の行為を後悔する時がくるだろう。


  しかし、自ら斬ってしまった人間に歩み寄れるほど、人生は甘くない。



  そいつを身を犠牲にして教えてやるのも、親の役目なのだ。





  キレイ事だって?




  そうだ。





  わかっているんだよ、そんなこと。



  ただ、そういう風にでも考えていないと、やっていられなくなってしまうだろう。


  親だって、完璧人間じゃないんだ。


  そうやって、事情を正当化する方法を知らないと、
  最悪、自分の情が伝わらないことを子に八つ当たりすることにもなりかねない。


  自分が傷ついたのだから、子も傷つくべきだなんて考える親がいるか?





  ここ最近では、親が子に対して同一目線に立ち過ぎるきらいがあるな。


  子に対して素の自分を論じようとしてみせたり、
  子が言ったことを真に受けてしまったりするようなケースが典型だ。



  一概に悪いことだとは思わない。



  「フェアに扱おう」


  これはそういった考えを基としている場合も多いからだ。







  しかし、「フェア」とは一体なんだ。






  同じ人間として?


  若しくは、一人の人間として?



  いや、子は別の生きモンだよ。



  他人から見れば人であることに違いはない。


  しかし、親は子に対してそういうスタンスでいてはダメだ。


  親がわが子の未熟さを包括的に理解しようとしてやらないで、どうするというのか。




  幼子なのだから、未熟なのは当然だろうって?


  違う、そういう話じゃない。




  彼等、彼女等は、存在そのものが未熟なのだ。



  ゆえに、本質的な意味合いでは、誰にも、何に対しても、帰属はしない。



  いや、できない。



  前述した我のぶつけ合いや、一歩引いた接し方を知らないのは、
  そこに対する理解と配慮が足りていないからだ。



  難しいことを言っているんじゃない。


  それだけ、子は特別な存在だということだよ。



  無論、だからといって、過保護にすれば良いと言っている訳ではないが。



  少なくとも、我々、大人の常識や素の欲求をぶつけるべき存在ではない。






  昨今の大人から子への未熟な欲求のぶつけ方を見て、改めて思う。




  現代の、子への愛情の根幹となっているのは、血と所有なのだ、と。



  だから、子という存在自体に親が何かしらの重いシンパシーを抱いてしまったり、
  他人の子を「子ども」という広い括りで愛したりすることができない。



  別に押し付けられた血のつながりのない子まで、
  自分の子として育てなければならない、なんて言っているわけじゃないぞ。


  たしかに色々な論調のある話題ではある。


  しかし、僕はそれを本人が自ら宣言するのであればともかくとしても、
  押し付けた人間や第三者から言ったりすることは、断じて間違っていると思う。




  もし僕が相談者の立場で、そんなお花畑みたいなことを真顔で抜かすようなヤツがいたら、

  バケツで水でもぶっかけてやる。




  自分の血を分けた子が特別なのは当然。


  それを安易にないがしろにしようとする者は、家族というものを舐めているんだ。



  ただ、他所の家の子を他人の子として愛することくらいは、本来、できるはずだろう?


  僕が言っているのは、そういうレベルのことだよ。




  では、何が問題なのか。


  ここではその「特別」とやらを、
  大人から子に向けてしまっていることについて問題提起をしている。



  そいつはな、大人に対して子だけが持っている特権なんだ。



  親、大人はあくまで、子に対して表面上では全体主義でいなければならない。




  別に博愛を提言するつもりはない。

  それと勘違いしてしまっている者はよくいるけれど。


  これとは全く、別の話だ。


  だから、表面上では、と言っている。



  その線引きがうまくできていないから、
  子を自分の評価基準のような目で見てしまったりするんだ。



  細かい作法や様式なんて、論ずるまでもない。


  大切なのは、親と子との関係性だよ。





  子は血を選べない。



  大人は一歩、下がるんだ。




  子育て・教育のワンポイント


  人は、子は、いずれ去る。


  それが早いか、遅いかの違いだけだ。


  ドライに割り切れない部分があることはわかっている。

  それがあってこその人間だよ。


  そういうこともひっくるめて、後悔しないよう接することだと言っている。


  






関連コンテンツ

・現代家庭の様相と問題点

・仕事と家庭の両立法

・親族との付き合い

・家庭への男女の思い違い

・壊れにくい家庭の作り方

・これからの家庭の姿・形

関連Q&A

Q3.妻や子どもが自分と仲良くしてくれません。

Q5.妻の連れ子との関係で悩んでいます。





出版物紹介

㈱秀和システム様より本を出版してます



「プロが本音で書いた男のための離婚の本」


・詳細はこちら






 自分の悩みや今の境遇について、
 吉田重信からコメントをもらいたいという方は、
 ・報酬表をご確認の上、下記よりご予約、お問い合わせ下さい。


弊所にご相談頂いた方々の声

(20代 男性)


(30代 男性)


 ・他の方々の声も見る場合はこちらをクリック



~解決への第一歩です。まずはご相談を~

ご予約受付時間 10:00~20:00
03-3739-0228

(前もってご予約頂ければ休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談は24時間受付中



スポンサードリンク




HOME  離婚・家庭問題カウンセリング  告発・サイト掲載依頼  離婚協議書・離婚公正証書
手紙・郵便物の代書  DV誓約書・謝罪文  別居合意書  顧問契約

当ホームページ内の文章・画像の無断転載は厳禁です。
Copyright©2012-2017 行政書士明和事務所. All Rights Reserved.