男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室


行政書士 明和事務所          Tel  03-3739-0228
〒144-0045
東京都大田区南六郷2-36-6-303
Mail info@meiwa-office.com
全国対応

営業時間


月~土10:00~20:00
(ご予約頂いた場合は
 休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談、ご予約は
24h年中無休で受け付けております。

お問い合わせへ

お役立ちコンテンツ


男の話し合い離婚・家庭問題Q&A集 弊所にご相談頂いた方々の声 離婚・家庭問題お役立ちアイテム
マスコミ・雑誌等掲載情報 非弁行為と弁護士法72条について


 メール相談24時間受付中

 お電話・面談でのご相談は
 定額制です。

 費用を気にせず、
 落ち着いてご相談頂けます。

 まずはメール若しくは
 お電話でご予約下さい。

インフォメーション

HOME

代表者ご挨拶

事務所のご案内

弊所の特徴

ご依頼の基本的な流れ

報酬・費用一覧

お知らせ
男の話し合い離婚

男の離婚の基礎知識

男性側から見た離婚の要件

男の慰謝料問題

財産分与

婚姻費用について

養育費

離婚調停

男の親権問題

面接交渉・面会交流権

妻の暴力・逆DV

偽DV問題

モラルハラスメント

妻が妊娠中の離婚について

若年離婚とは

早期の離婚特有の問題点

男の再婚問題

男の家庭問題

現代家庭の様相と問題点

仕事と家庭の両立法

家庭への男女の思い違い

子育て・教育について

親族との付き合い

壊れにくい家庭の作り方

これからの家庭の姿・形

ご相談・代書業務

離婚・家庭問題カウンセリング

告発・サイト掲載依頼

離婚協議書・離婚公正証書

手紙・郵便物の代書

DV誓約書・謝罪文

別居合意書


顧問契約

お問い合わせ

男の悩み相談、承ります

離婚・家庭問題はお任せください

男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室
行政書士 明和事務所
代表 行政書士 吉 田 重 信

Tel  03-3739-0228
Mail info@meiwa-office.com

プロフィール

お問い合わせへ

事務所について

弁護士法72条について

特商法に基づく表記

個人情報保護方針

免責事項

リンク集

 早期離婚特有の問題点



早期離婚が抱える固有の問題


  早期離婚とは、大体5年未満の期間での離婚を指すものと僕は認識している。

  婚活ブームの影響もあってか、
  現在では年配の方の早期離婚案件も珍しくなくなってきているな。


  まぁ、これも造語だよ。


  僕が勝手に言っているだけだ。


  若年離婚と対して変わらないんじゃないの?とも思われがちだけれど、
  若年離婚ってのは、あくまで若年者向けの離婚案件。

  早期離婚ってのは年齢に関係なく、
  とにかく、婚姻期間が短い状態での離婚案件を指して言っている。


  これの違いがわかるか?


  それなりの年代になった上での早い離婚ってのは、
  若年者の離婚と違って、資産や婚姻に関するシガラミのレベルがまったく違う。

  例えば、夫が資産家であったりした時、
  離婚時の慰謝料や財産分与での揉め方も変わってくる。

  婚姻期間が短ければ、その分、金額も少ないだろう、
  だから大したことはないのでは?とも思うかもしれないけれど、事はそう単純じゃない。


  人が理屈で割り切れることなんて、たかが知れている。


  法的に大したことではないだろう、なんて問題ほど、
  かえって感情面で激しく揉めたりするんだ。


  ・・・まぁ、法的にどうであるかはケースバイケースだろうけれど。


  それでも、「離婚をする」ということ自体について、
  なんらかの付加価値があるものと勘違いしている人間は結構いる。


  早期の離婚は、特にそういった連中の「損した」という感覚に火をつけやすいんだ。


  現実と思い込みとのギャップ、これが早期離婚の大きな問題点だと言える。


  また、子が幼い場合や、妊娠中であったりする等、
  親族を交えた体裁面が深く関わってくるような問題もある。

  これらの問題に対して、「法的に責任がない」なんて視点で考えていてはダメだ。


  逆恨みを買うことも承知の上なのであれば止めはしないけれど、
  それはできうる限り避けた方が良い。

  将来的に何らかの形で、必ず報復を受けることになる。





  違法じゃないのかって?


  恨みを持った人間は、いちいち、そんなことなんか考えないぞ。





  人間関係の内で、法律でどうこうできることは意外と少ない。


  そして、早期の離婚はサラリと別れられる場合もあるけれど、
  端的にそういったトラブルの種を含んでいる問題でもある。


  交際なんかでも、ちょっと付き合って、すぐ別れるなんていうと、
  「遊ばれた」なんて言われて、かえって大きなトラブルになったりもするだろう?


  初めからそういう状況にならないようにケアすることが大切なんだよ。

  これは法的に守りを固めるとか、そういう話じゃない。



  「やっぱやめる」


  これほど人の神経を逆なでする無責任な言葉もないからな。



  自分がどう思っていたとしても、
  早期の離婚は対外的にはそう見えてしまうということを忘れないことだ。



スポンサードリンク
   



不当な要求への対処


  早期の離婚は相手からの理不尽、不当な要求を引き起こさせるトリガーともなりうる。

  度が過ぎたものに関しては、法的に対処した方が良いだろう。


  しかし、エキセントリックしている人間に対して法を持ち出すのは、
  最悪の悪手となってしまう場合もある。


  柔軟に対処するんだ。



 慰謝料

  ・男の慰謝料問題の項目でも書いたけれど、
  慰謝料については法的に払う必要があるかないかで考えてはダメだ。


  特に早期の離婚では、な。


  あくまで自分が離婚をしたい立場である場合、
  早期離婚は法的に争うにしてもかなり難しい問題点を孕んでいる。

  婚姻が破綻していると見られる条件のハードルが、
  一般の離婚案件よりも高いんだよ。

  ウソだと思うのであれば、弁護士にでも聞いてみるといい。


  こんなのに対してまともに争って勝ちを得ようなんて、非効率すぎる。


  それだったら、別れる費用と割り切って、
  いくらかの慰謝料を支払う覚悟で一気に決着をつけてしまった方がスマートだ。


  慰謝料は所詮、金であり、物だ。


  物は使いようだよ。


  「法的にいくら払う必要があるのか」よりも、

  「いくらまでの支払いなら個人的に許容できるか」


  そのように考えるんだ。


  そして、その際には感情的なこだわりは捨てること。


  「離婚をいくらで買うか」、そのくらいドライでいた方が良い。



 財産分与

  ・著書でも散々書いたことだけれど、
  財産分与は婚姻生活上における「清算」のようなものだ。

  したがって、早期離婚案件では必然的に、やりとりする金額が少ない場合もある。

  一時期、メディア等での誇張した表現もあってか、
  離婚をすれば相手の資産の半分はもらえると勘違いしているような人もいる。


  これに対して、「法的に間違っている」と通告するのは簡単だ。


  しかし、それでは収まらない場合もある。


  法的な理屈と、感情面での非難の昂ぶりはまったくの別問題だからな。


  そういう場合は「財産分与」といった名目でなくとも、
  いくらかの金銭を渡してやった方が丸く収まる場合もある。


  別に手切れ金として、単なる金として渡せと言っているわけじゃない。

  コイツは相手を納得させるためのメルクマークなんだ。


  逆に相手の感情を金で買えるだなんて思ってはいけない。

  下手をすると、それこそ訴訟沙汰になる。


  相手が何を求めて大騒ぎをしているのか、それをよく観察するんだ。



 離婚後の付き合いの強要

  なんかよくわからん。

  わからんが、実際にこういった申出が相手の方からある場合もあるし、
  それに自己意思で夫が応じているようなケースもあるから、一概に否定する気はない。


  ただ、当然こんな申出に応じなければならない法的義務は無いから、
  自分が承知しないのであれば、しっかりと突っぱねた方が良いだろう。


  動機としては色々とあるようだ。

  「別れた後も相手の経済力に依存したい」という「わかりやすい」もの。

  「浮気相手とうまくいかなかった時の保険として置いておきたい」という、
  もはや女性として無価値と化したとしか言いようのないふざけたもの。


  まぁ、色々だ。


  現代の恋愛、交際事情は多様。

  僕自身も「こうするのが正しい」という定義付けなんかをして、
  「正しい交際」とやらをするのは馬鹿げていると思う。


  そもそも、交際ってのは不道徳ありきのものだ。

  無菌化された交際なんぞ、面白くもない。


  しかし、「別れる」という意思表示は、
  「その後の関係も完全に断つ」という覚悟があってこそのもの。

  そこは曲げてはいけない所だと思う。


  それをおざなりにしていては、互いに真剣味がなくなる。


  お互い、真剣に不道徳するのが恋愛であり、交際だよ。


  それがない交際はママゴトか、金のみの繋がりという悲しい関係でしかない。



 しつこい連絡等

  自分から離婚を突きつけたくせに、
  その後、元夫の再婚や起業なんかを機に、しつこく連絡をしてくるような女もいる。

  どこから嗅ぎつけているのかは不明だけれど、
  恐らく、再婚は他人繋がりで、起業等は恐らくネット等から知ったりするのだろう。


  元妻側の身勝手な理由で離婚しているようなケースでよく見られる事象だ。


  正に、厚顔無恥の極みと言える。


  ネットやSNSのように他人との境界線が曖昧になるようなツールが発達したりするから、
  こんなファミコンレベルの人付き合いの仕方をするようなおかしな人間が出てくるんだ。


  人間関係ってのは、好きなときに電源を入れて、
  気に入らなくなれば切ってしまえばいいというもんじゃないだろう。



  近年のストーカー冤罪事件なんかも、
  ほとんどこれが原因で起こっていると言っても、過言じゃない。

  なぜなら、好きな時に連絡をして、嫌になったらブッチすることを、
  あろうことか法や社会が容認しているからだ。

  気になった方はストーカー規正法の条文をネット検索して、調べてみるといい。


  恐らく、この法律を作った人達はストーカーというものが社会問題になっているから、と、
  安易に警察介入ができるようにしようとしただけなのだろう。

  人がどういったことに羞恥を感じ、尊厳を傷つけられたと憤慨するのか、
  そういった部分への考慮がまったくと言って良いほどなされていない。

  現状のやり方では、確かに警察介入はし易くなるだろうけれど、
  このままでは、痴情のもつれによる犯罪行為はより激しさを増す一方だと思う。


  もちろん、取り締まるな、とまでは言わない。

  警察介入は仕方のないことだとは思う。


  ただ、警告を出したり、通報のあった人間を犯罪者扱いすることが、
  本当に有効な手段と言えるのか?


  僕は違うと思うな。


  筋を通さない者に犯罪者呼ばわりまでされた人間が、
  相手に対してどれほどの怒りや憎しみを抱くのか、そこまで考えていないのか。



  ・・・まぁ、これ以上、突っ込みすぎると話が脱線するから、この辺で止めておこう。


  そういった軽薄な人付き合いをする人間は、SNS等で元夫の日記なんかを読んでいると、
  別れた後でもいつでもそばにいる身近な存在であるものと錯覚をするらしい。

  連絡を無視していると、新しい家庭があることを知っているにもかかわらず、
  いきなり自宅に押しかけてきたりするようなケースだって、ある。


  正直、これらの問題に関しては一律に処理できる技巧的な方法は、ない。

  法律や警察を介入させれば、それで収まるという問題でもないんだ。


  なぜなら、こちらとしては非常識で迷惑だと思っていたとしても、
  相手にとっては正義と思い込んで行動を起こしている場合もあるからだ。


  女の場合、特に開き直りと思い込みが激しいタイプが多い。

  子を父親に会わせるため、婚姻生活時に問題だった点を非難しているだけ等、
  いくらでも正当性があるかのような理由付けをしてくる。

  そんな人間に対して、法律や警察を使って対処しても、
  「建前の理屈を使って逃げている」と、より激しい行動に出られてしまう場合もある。


  こういった場合は、直接的な痛みの経験を与えてやらないと、
  恐らく、止まらない。



  無論、殴れ、と言っているわけではない。



  ペナルティを体に刻み込む必要があるということだ。



  理屈によるプレッシャーでは、細い。






時期尚早は他人の言葉


  別に僕は離婚を推奨しているわけじゃない。

  しかし、明らかに将来的なビジョンが見えてこない婚姻なのであれば、
  体裁なんかを気にして無理に婚姻を続けることは無価値なことだとも考えている。


  早い離婚はとにかく、他人からの印象が悪い。


  「離婚しようと思うのだけれど・・・」


  そんな相談を友人や親族にしたとしても、
  大抵の場合は「まだ早い」と言われておしまいだろう。


  でも、それは他人の言葉。


  要は常識という体裁面を見た上での意見に過ぎない。


  勘違いはしないでもらいたい。

  別にそういった他人の意見が間違っていると言っている訳じゃないんだ。


  ただ、その常識に通じた一般的な体裁観念を、
  すべての離婚事情に当てはめて我慢をし続けるのはおかしいだろう。


  たしかに早い離婚の印象は最悪。

  特に、信用という部分に対しては大打撃だと思う。


  しかし、時間の経ってしまった離婚もまた、それとは別の部分で大変なんだよ。


  長く結婚を続けていれば、当然、対外的な付き合いもできてくる。

  その後の離婚ってのは、その築いた人間関係も全て清算しなければならなくなる。


  消える、というわけではない。


  ただ、清算をした結果、その人達が相手側について、
  自分の敵に回ってしまうようなことだってある。


  人の過去、遍歴ってのは、一度できてしまうと引き剥がせないんだ。

  骨にこびりついた筋や肉と同義だと言っていい。


  だから、先が見えないと早いうちに判断をしたのなら、
  そういった血肉ができてしまう前にさっさと決着をつけてしまうのもアリだと思う。


  不道徳と言われるかもしれないけれど、互いに一度しかない人生だ。

  僕は特別おかしなことだとは思わないな。



  あくまで一般常識を「指針」として知識に入れておくのは良い。

  ただ、「自分の場合はどうするか」といった個別具体的な決断をする際、
  それを絶対的な正解論として考えてしまうのは、やはり間違っていると思う。






関連コンテンツ

・男性側から見た離婚の用件

・男の慰謝料問題

・財産分与

・若年離婚とは

・離婚協議書





出版物紹介

㈱秀和システム様より本を出版してます



「プロが本音で書いた男のための離婚の本」


・詳細はこちら






 自分の悩みや今の境遇について、
 吉田重信からコメントをもらいたいという方は、
 ・報酬表をご確認の上、下記よりご予約、お問い合わせ下さい。


弊所にご相談頂いた方々の声

(20代 男性)


(30代 男性)


 ・他の方々の声も見る場合はこちらをクリック



~解決への第一歩です。まずはご相談を~

ご予約受付時間 10:00~20:00
03-3739-0228

(前もってご予約頂ければ休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談は24時間受付中



スポンサードリンク




HOME  離婚・家庭問題カウンセリング  告発・サイト掲載依頼  離婚協議書・離婚公正証書
手紙・郵便物の代書  DV誓約書・謝罪文  別居合意書  顧問契約

当ホームページ内の文章・画像の無断転載は厳禁です。
Copyright©2012-2017 行政書士明和事務所. All Rights Reserved.