男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室

行政書士 明和事務所          Tel  03-3739-0228
〒144-0045
東京都大田区南六郷2-36-6-303
Mail info@meiwa-office.com
全国対応

営業時間


月~土10:00~20:00
(ご予約頂いた場合は
 休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談、ご予約は
24h年中無休で受け付けております。

お問い合わせへ

お役立ちコンテンツ


男の話し合い離婚・家庭問題Q&A集 弊所にご相談頂いた方々の声 離婚・家庭問題お役立ちアイテム
マスコミ・雑誌等掲載情報 非弁行為と弁護士法72条について


 メール相談24時間受付中

 お電話・面談でのご相談は
 定額制です。

 費用を気にせず、
 落ち着いてご相談頂けます。

 まずはメール若しくは
 お電話でご予約下さい。

インフォメーション

HOME

代表者ご挨拶

事務所のご案内

弊所の特徴

ご依頼の基本的な流れ

報酬・費用一覧

お知らせ
男の話し合い離婚

男の離婚の基礎知識

男性側から見た離婚の要件

男の慰謝料問題

財産分与

婚姻費用について

養育費

離婚調停

男の親権問題

面接交渉・面会交流権

妻の暴力・逆DV

偽DV問題

モラルハラスメント

妻が妊娠中の離婚について

若年離婚とは

早期の離婚特有の問題点

男の再婚問題

男の家庭問題

現代家庭の様相と問題点

仕事と家庭の両立法

家庭への男女の思い違い

子育て・教育について

親族との付き合い

壊れにくい家庭の作り方

これからの家庭の姿・形

ご相談・代書業務

離婚・家庭問題カウンセリング

告発・サイト掲載依頼

離婚協議書・離婚公正証書

手紙・郵便物の代書

DV誓約書・謝罪文

別居合意書


顧問契約

お問い合わせ

男の悩み相談、承ります

離婚・家庭問題はお任せください

男性専門
話し合い離婚・家庭問題相談室
行政書士 明和事務所
代表 行政書士 吉 田 重 信

Tel  03-3739-0228
Mail info@meiwa-office.com

プロフィール

お問い合わせへ

事務所について

弁護士法72条について

特商法に基づく表記

個人情報保護方針

免責事項

リンク集

 男性側から見た離婚の要件



離婚は法律で論じるものじゃない


  実は裁判での離婚にでもならない限り、法律上の離婚要件はあまり重要とはならない。

  日本の法律では当事者同士で納得さえしているのであれば、
  法律上の離婚原因に当てはまらなくとも離婚することができるようになっているからだ。


  これは協議離婚の大きなメリットと言える部分だから、よく覚えておいてもらいたい。



  理由がなんであれ、離婚届を提出すれば離婚は認められるんだ。

  ただ、そこに意地や利益性が絡んだりするから揉めることになる。


  離婚で揉めてしまうケースはそのほとんどが責任の擦り付けあいだ。

  つまり、どっちのせいで離婚することになったのかという話で、
  ここでお互いに譲れない部分が出てくると大きく揉めることになる。



  金の面での問題もあるだろうけれど、実はそれだけじゃない。

  プライドの問題だ。



  やってもいないことをやったと言われたり、
  自分が相手の事を思ってしたことや敢えて引いてあげたりしたことを、
  わざとあげつらうかのように悪く言われたりすれば誰でもカチンとくるだろう。

  実際のところ、相手に専門家がついたりすると、
  このような過去の出来事を穿り返してわざと悪く言う展開になるケースがとても多い。



  人の家庭内での出来事の是非を他人が論じるというのだから、
  ちゃんちゃら可笑しいにも程がある。


  だから、法律による解決はくだらないと言っているんだ。



  とはいえ、法律を無視していいというわけじゃない。

  念のため、協議のイニシアチブを掴むためにも、
  以下に一般論として法律上の離婚原因の概要を記しておく。


  参考程度に目を通しておくと良い。



 (裁判上の離婚)
  民法770条
  夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

  一.配偶者に不貞な行為があったとき。
  二.配偶者から悪意で遺棄されたとき。
  三.配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
  四.配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
  五.その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

 2項 裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、
     一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、
     離婚の請求を棄却することができる。


  上記5つが法定の離婚原因とされている。

  離婚について法律は破綻主義という考えに立っていて、
  上記行為によって、すでに婚姻関係が破綻していると判断できる場合には、
  離婚を認めると考えるのが基本だ。

  これについては男女の差はない。


 不貞行為とは

  1号の不貞な行為とは、一般的には配偶者以外の者と肉体関係をもつことを指す。

  いわゆる「浮気」、「不倫」と言われているものだ。

  これについては余程例外的な事情でもない限りは、
  まず有責配偶者(離婚責任のある者)となるとされているから、
  基本的に行った者は相手に慰謝料を支払う立場になると考えるべきだろう。


 悪意の遺棄とは

  2号の「遺棄」とは民法752条の夫婦としての義務を履行しないことを指す。



 (同居、協力及び扶助の義務)
  民法752条
  夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。


  なお、「悪意」とはある種の積極性(いわゆる故意)をもってその行為に及ぶことを指し、
  もっぱら相手の方に責任のある事情によって義務を怠った場合については、
  悪意の遺棄に該当しないとするのが判例だ。


 生死不明について

  配偶者の生死が3年以上明らかでないときは、
  訴訟によって離婚を請求することができると一般的には言われている。

  しかし、近年では消息不明となる事例がほとんど無いため、
  問題となるケースは少ない。

  ちなみに、民法上では7年間の生死不明の者に対して
  「失踪宣告」といった手続が認められている。

  まあ、滅多にない事例だけれど、
  この手続が行われた者は「死亡」扱いされるから、婚姻も解消といった形になる。

  注意がすべきなのが、この場合は死亡扱いだから、
  単純な「離婚」とは異なり、相続が発生するという部分だ。


 強度の精神病について

  看病する側の精神面や経済面での負担を考え、
  民法上では相手が強度の精神病に罹患した場合には、
  もう一方からの離婚の請求を認めている。

  しかし、夫婦の一方が不治の精神病にかかったからといって、
  無条件で離婚が認められるわけではない点に注意が必要だ。



  ワンポイント

  民法770条2項は、同条1号~4号に該当する場合であっても、
  一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、
  裁判所が離婚の請求を棄却することができるとしている。

  つまり、1号~4号に該当する行為があると認められた場合であったとしても、
  その事実のみをもって無条件で離婚が認められるわけではないということだ。

  この点から考えても、法律の離婚規定はあくまで指針として考える程度であって、
  あまりそれによる解決に委ねるべきでないことが伺えるだろう。



 婚姻を継続し難い重大な事由とは

  5号の規定は一般的な破綻主義を宣言した規定と言われているものだ。

  1号~4号の規定は限定的ではあるが、
  この5号の規定はその範囲外にも存在する破綻原因を
  包括的に判断するための規定であると考えられている。

  行為や事実は何であるかは特に定められていない。

  やはりこの場合も「関係の破綻」という部分がネックとなる。

  客観的に見て破綻が認定できるだけの事情が必要だ。

  たとえば配偶者が殺人等の重大な犯罪を犯した場合や、
  異常と言えるほどの日常的な暴言、暴力等が挙げられる。

  ちなみに、この規定による重大事由の判断には包括的な裁量が認められているため、
  2項の裁量棄却は5号の規定には及ばないものとされている。



  ・・・と、まあ、以上が離婚にまつわる法律の規定だ。

  相手のハッタリや不当な要求に対する押さえとしては、
  念のため頭の片隅にでも置いておくと幾分かためになると思う。


  ただし、金の話、責任の話、それらは話し合いで決着をつけられるのであれば、
  法律上の規定はほとんど関係ないことは忘れないでもらいたい。


  協議の段階でそれを主軸として話を進めようとすることは間違いだ。

  あくまで防御のための知識と割り切って考えてほしい。



スポンサードリンク
   



責任を自覚するなら己を図らうな


  男の離婚は綺麗事では済まない話だ。

  相手じゃなく、自分に明確に責任があるようなケースで離婚に至る場合もあるだろう。


  男の離婚を考える上では、
  このいわゆる有責配偶者からの離婚請求も重要な問題点だ。


  有責配偶者というのは婚姻の破綻のきっかけとなる行為(浮気など)をした者を指す。

  要は離婚の原因を作った側だ。


  ひとまず、有責配偶者からの離婚請求が
  法的に認められているか等についてはここでは深く論じない。

  あくまで協議での離婚を目指すのであれば、
  この点は深く掘り下げて考えても仕方のないことだからだ。

  不可能ではないけれど、基本的には長い別居期間等、
  かなり厳しい条件が課せられると考えておいた方が良い。


  これはあくまで裁判で離婚をするのなら、という話だ。

  何度も言うけれど、お互い納得の上で離婚するのであれば、
  こんなのは一切、関係ない。

  協議での離婚を目指すのであれば、
  法律の規定よりも男としての責任の取り方の方が重要となる。


  自分に責任があると自覚しているのであれば、法的にどうであるかは別として、
  責任は相手に言われる前に自ら積極的に取りにいかなければダメだ。

  ここを捻じ曲げるようでは協議での離婚は難しい。


  相手に悟られずにうまく値切る方法もあるのかもしれないけれど・・・、
  これはちょっとまともな人間のする思考ではないな。


  申し訳ないけれど、そういった責任から逃げるような類の相談は引き受けていない。



  そんな小細工じみた相談、
  とてもじゃないが、聞いていられない。


  どうしても、というのなら弁護士にでも相談すると良いだろう。



  協議離婚は相手の同意がなければできない。

  自分が有責配偶者であるという自覚があるのであれば、
  相手の同意を引き出すのに必要なのは法律論でないことくらいはわかるはずだ。


  別に自分で原因を作っておいて離婚請求すること自体を非難する気はない。

  自由に生きたきゃ、好きにすればいい。


  ただ、自分のワガママの尻拭いを別れる相手にまで背負わせるのは違うんじゃないのか。



  勘違いをしてはいけない。


  仁義に男女の差なんてないんだ。



  スジを通せない人間に自由を求める資格はない。




  男の離婚要件のワンポイント

  離婚の要件に関する法律の話はつまるところ、
  どちらに責任があったかの話に過ぎない。

  この手の話を突っ込んで話しても、
  不毛な争いにしかならないことは理解できると思う。

  どちらか一方に原因があるとはっきりしている離婚というのは、
  実のところ、かなり少ないからだ。

  相手の溜飲を下げることも必要だけれど、
  自分の拳を下ろす方法も考えなければならない問題とも言える。


  






関連コンテンツ

・男の離婚の基礎知識

・男の慰謝料問題

・面接交渉・面会交流権

・手紙・郵便物の代書

・男の親権問題





出版物紹介

㈱秀和システム様より本を出版してます



「プロが本音で書いた男のための離婚の本」


・詳細はこちら






 自分の悩みや今の境遇について、
 吉田重信からコメントをもらいたいという方は、
 ・報酬表をご確認の上、下記よりご予約、お問い合わせ下さい。


弊所にご相談頂いた方々の声

(20代 男性)


(30代 男性)


 ・他の方々の声も見る場合はこちらをクリック



~解決への第一歩です。まずはご相談を~

ご予約受付時間 10:00~20:00
03-3739-0228

(前もってご予約頂ければ休日、時間外でも対応致します)


メールでのご相談は24時間受付中



スポンサードリンク




HOME  離婚・家庭問題カウンセリング  告発・サイト掲載依頼  離婚協議書・離婚公正証書
手紙・郵便物の代書  DV誓約書・謝罪文  別居合意書  顧問契約

当ホームページ内の文章・画像の無断転載は厳禁です。
Copyright©2012-2017 行政書士明和事務所. All Rights Reserved.